Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/98-580d8678

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

龍臥亭幻想(上下)/島田荘司

4334075835龍臥亭幻想 上
島田 荘司

光文社 2004-10-20
売り上げランキング : 18,295
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


御手洗と吉敷の推理が交錯するとか言われちゃったら、ファンだったら読まずにはいられない。不安が9割を占めたとしてもだ。でも、ズルいよね、やっぱり。
舞台は龍臥亭、石岡を記述者に据え、里美と通子も引きずり込んで事件は起こる。例によって、本筋と関係ありそうでなさそうでやっぱりありそうな作中作、破天荒なトリック、作者が感情移入しまくりの語り…など、例の如くの島田ワールドが今回も展開するのだが、興味の大半が御手洗と吉敷の登場のさせ方に向いてしまうのは、売り方がそうなんだから仕方のないところだろう。というより、それがなかったらきつかったかもしれない。プロットは穴だらけだし。
中身とは関係ないが、思いつきで変えたとしか思えないカッパ・ノベルスの新装丁は、一発ならともかく、叢書のデザインとしてはどうなんでしょう。何年変えずに突っ張りとおせるか…。 (04/12/28読了)

評者 b.k.ノムラ
評価 ☆☆☆★

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/98-580d8678

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。