Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/94-85198204

-件のトラックバック

[T101] 島田荘司「ネジ式ザゼツキー」

本日ご紹介するミステリーは、島田荘司さんの「ネジ式ザゼツキー」です。●あらすじ記憶を留めておけないエゴン・マーカットは、ハインリッヒの紹介で御手洗潔の元を訪れる。彼の書いた「タンジール蜜柑共和国への帰還」と彼への質問から、彼の帰るべき場所へ、御手洗潔が..

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ネジ式ザゼツキー/島田荘司

4061823418ネジ式ザゼツキー
島田 荘司

講談社 2003-10
売り上げランキング : 5,678
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


御手洗シリーズ最新作。このシリーズの書き下ろし長編をノベルスでというのは、「斜め屋敷の犯罪」以来ではないだろうか。とはいっても1,000円を超える価格ではお得感は薄い。
構成は「眩暈」に似ており、作中作として挿入される奇妙な童話に描かれたモチーフを読み解くことで、事件の隠された真相に迫るというスタイル。事件解明にあたって御手洗は研究室を離れることはない。つまり安楽椅子探偵ものでもある。
よく考えられているのだが、御手洗ものとしては押し出しが弱い。なんのことやら読まないと解らないタイトルは、たぶん、これで正解。 (03/11/24読了)

評者 b.k.ノムラ
評価 ☆☆☆★
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/94-85198204

1件のトラックバック

[T101] 島田荘司「ネジ式ザゼツキー」

本日ご紹介するミステリーは、島田荘司さんの「ネジ式ザゼツキー」です。●あらすじ記憶を留めておけないエゴン・マーカットは、ハインリッヒの紹介で御手洗潔の元を訪れる。彼の書いた「タンジール蜜柑共和国への帰還」と彼への質問から、彼の帰るべき場所へ、御手洗潔が..

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。