Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/83-18e7bc6b

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

喧嘩侍 勝小吉/小松重男

4101487103喧嘩侍 勝小吉
小松 重男

新潮社 1997-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


不良旗本の勝小吉(勝海舟の父)の半生を、小松重男が独自の解釈でつづっている。
江戸っ子の象徴として神格化されている小吉だが、普通に見れば性格破綻者。そのあたりのことを認めようとしない小吉支持者には読むのが辛いかもしれない。
小吉の自伝『夢酔独言』、子母澤寛の『おとこ鷹』『父子鷹』を読んでから手に取ると、また興味深いものがある。
評価は低めだが、所詮、勝小吉という市井の英雄の魅力に寄りかかっており、その分、割り引いておくのが妥当であろうとの判断から。要するに、面白いんだけど作家の手柄ではない部分が大きい――ということでご理解ください。 (00/9/7読了)

評者 b.k.ノムラ
評価 ☆☆☆
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/83-18e7bc6b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。