Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/633-42228eb9

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Another/綾辻行人

『野生時代』に連載されたホラーテイストのミステリ。単行本化された昨年は、文春ベストで4位に選ばれました。
今回は気持ちネタバレ(なるべく核心には触れないようにします)を含みますので、未読の方はご注意ください。

Another
Another
角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-10-30
売り上げランキング : 1909

おすすめ平均 star
starこれこそ、綾辻さん!
starそうきたか!!
star神か悪魔か、綾辻行人か!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

皆さん、最大の誉めどころにリーダビリティの高さを挙げているように、厚さを感じさせない軽快なタッチはさすがです。
What?→Why?→How?→Who?("Another"= Who?)と段階を踏み、Anotherの正体へと物語が集約しているプロットも緻密で、作者の企みはかなりのレベルで成功しているように思います。
ただ、結局それが綾辻行人ということなんでしょうが、Anotherの正体に迫るプロセスに論理的な裏付けがない。
Anotherの正体をいかにして暴くのか。いざ正体が判明したとき、どういうふうに対処するのか――といったあたりが見せ場になるのかと思ったら、前者は力業で、後者は驚くほどのあっさり描写でクリア。クライマックスまで来て、思いきり肩透かしです。

それと、一人称を選んだのは、Anotherの正体を隠すため(叙述トリックを仕掛けるため)ですよね。それは仕方ないにしても、いわゆる"パニックもの"の顔を持ちながら、主人公とヒロインを除き、"範囲内の人間"に対する言及がここまで少ないのはやはり問題ではないでしょうか? 3年3組が4、5人のクラスに感じられてしまいます。それでは、現象自体がいくらとんでもないものでも、切迫感は薄れます。

主人公とその周囲の人々を取り巻く不可解な状況の現出→その状況の正体が判明→対処法探し→最後の冒険(戦い)、という構造を持った作品は数多いですが、たとえば吉来駿作の『キタイ』なんかは、(既にうろ覚えですが)もうちょっと"限定された人間関係内で起きる超常パニック"の描き方がうまかったように思います。

"ボーイ・ミーツ・ガール 学園ホラー風"として読めば面白いのですが、ミステリとホラーの融合作品という視点で見ると、今ひとつでした。


読了:10/2/7
採点:☆☆☆★


以下のTB先ブログはそれぞれネタバレがあります。
きちんと事前にアナウンスは入りますが、未読の方はご注意下さい。

Track Back――>
taipeimonochrome  ※ややネタバレあり
dachsholic  ※ネタバレあり
ミステリあれやこれや  ※ネタバレあり
四畳半読書(猫)系  ※ネタバレあり

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/633-42228eb9

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。