Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/561-c5dd269a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ちはやふる(1-3)/末次由紀

「競技かるた」を題材にした……なんだろう、スポ根マンガ?
盗作騒動で一時は引退必至と思われていた末次由紀ですが、これで完全に復活したといっていいでしょう。

ちはやふる 3 (3) (Be・Loveコミックス)
ちはやふる 3 (3) (Be・Loveコミックス)末次 由紀

講談社 2008-12-12
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star熱い!
star文科系のスポ根
starじーん…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

奇をてらわない、潔いくらいに直球勝負のストーリー。読んでいて元気になれるタイプのマンガです。泣きどころが多いのもいい。
3巻現在、団体戦で盛り上がっており、少年マンガによくあるチームバトルの趣を呈しております。

潔いといえば。ヒロインもそうですね。
ちはやは思いきりメーター振り切った美女キャラとして造形されている。
小学生編こそ、モデルのお姉ちゃんと対比させるなど意図的な地味フィルターがかけられてましたが、高校編に入ってからは正に無駄美人なところが強調されるようになっています。

古来、少女マンガのヒロインといえば、『ガラスの仮面』のマヤちゃんとか、ひかわきょうこの「千津美と藤臣くん」シリーズの千津美のように、"絵柄的にはかわいいけど作品内ポジションは地味で目立たない"タイプ、あるいは『エースをねらえ!』の岡ひろみ的に、やはり最初は地味なんだけど"成長に従って女子力も上がっていく"タイプが王道としてあったと思います。
地味な女子が美形男子に好意を寄せられ、それを男子の取り巻き連中にやっかまれるという構図が、分かりやすいっちゃ分かりやすいということなんでしょう。

4巻の予想ですが、おそらく負けちゃうんでしょうね。折々の挫折もまた、この手の話には必要ですし。 (09/1/13)

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/561-c5dd269a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。