Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/548-46b54b5c

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ゴールデンスランバー/伊坂幸太郎

各年間ベストで上位を争い、すべてで1位とはいかなかったものの、トータルでは08年(出版は'09年11月)のベスト・エンターテイメントといっていいでしょう。
辞退していなければ、第139回直木賞の受賞作となっていた可能性大。

ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー伊坂 幸太郎

新潮社 2007-11-29
売り上げランキング : 515

おすすめ平均 star
star「イメージ」で物事を判断するという考え方を見事に利用したストーリー
starつまらない
star疑問をもってはいけない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

伊坂作品を読むのは『死神の精度』以来。2冊目になります。
ストーリーは巻きこまれ型のサスペンスで、カットバックを多用した、テンポの良い映像向きの作風です。ヒッチコックを彷彿とさせるような。
主人公の顔がちょっと見えづらいですが、このプロットだとパーソナリティをあまり掘り下げずとも、きちんとロールプレイさせさえすればいいという判断があったのかもしれません。

リーダビリティの高さがかえって仇になり、重要なテーマと思われる「監視社会への警告」が裏に沈み込みすぎて、一モチーフのレベルにとどまってしまっているのが惜しい。
ご都合主義は、このスタイルでは突っ込んではいけないところでしょう(笑)。 (08/12/10読了)

採点:☆☆☆☆

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/548-46b54b5c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。