Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/539-b19c3a83

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

のぼうの城/和田竜

第29回城戸賞受賞作『忍ぶの城』の小説化、だそうです。

のぼうの城
のぼうの城和田 竜

小学館 2007-11-28
売り上げランキング : 722

おすすめ平均 star
starライトノベル。
starけいたんの評価
star大切なもの

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

とにかく前半はノリが悪くてしんどかった。
歴史小説はある程度、史実やらの説明を織り込まなければならないものですが、それにしたって資料をそのまま書き写したかのような書き方は小説としてどうかと思う。
なんでも映像化を前提ともしているようで、そのせいもあるのかもしれないけど小説未満("以下"ではない)という印象でした。

ストーリーには大きな不満はありません。
歴史上の出来事としては地味で無名な忍城水攻め(忍城攻城戦)を、読ませる話にしたのは著者の功績でしょう。石田三成が太閤の"天下人の戦"にこだわったという視点も新鮮に映りました。
劇場映画として成功するかは解らないけど、キャラ小説的な部分もあるので、旬の俳優やアイドルなんかを動員できる新春時代劇とかなら話題を集めることができるのではないでしょうか。 (08/11/11読了)

採点:☆☆☆★

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/539-b19c3a83

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。