Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/509-93db7657

-件のトラックバック

[T233] ゲド戦記? 帰還/ル=グウィン

ゲド戦記? 帰還 ル=グウィン 作、清水真砂子 訳/岩波書店/2006 ゲド戦記 4 帰還 (ソフトカバー版) 【評価】★★★★★

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

帰還―ゲド戦記 4/ル=グウィン

ゲド戦記IV。最初に出た版は副題に「最後の書」とあるけど、第2シーズン「最初の書」としたほうが解りやすいかも。ゲドはいよいよメインストリームから退きつつあり、「ゲド戦記」の邦題も一層合わなくなっています。

ゲド戦記 4 帰還 (ソフトカバー版)
ゲド戦記 4 帰還 (ソフトカバー版)清水 真砂子

岩波書店 2006-05-11
売り上げランキング : 36068

おすすめ平均 star
starなんじゃ これは
star普通の生活
starここまでで最高傑作!!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

初期3部作からかなりの時間を置いて書かれたこともあり、作風にかなりの変化が見られます。作品としての良し悪しはさておき、シリーズものの4作目としては明らかに全体の均衡を崩していますね。
妙にリアルな(世俗的な、と言ってもいいかも)フェミニズムを持ちこむのも、これまで空想世界に遊んでいた読者には興醒めでしょう。

作家の変質がシリーズの作風に変化をもたらすことは往々にしてありますが、多くの場合、読者には歓迎できない事態を招いているように思います。身近な例では栗本薫「グインサーガ」とか。

人間生きていれば常に考え方は変わるものですが、それをシリーズ作品に明らかなかたちで投影してもらいたくない。せめて、アースシーを舞台にした別の物語の中で訴えたいことがあるなら訴えてほしかったな。

ところで今回、初めてソフトカバー版で読んだんですが(3作目まではデカい版)、カバー折り返しのあらすじが内容と噛み合わないので、途中まで???の嵐でした。
他の版で読んでいる方のために以下に引用します。

魔法の力を使い果たしたゲドは故郷ゴント島に戻り、テナーと再会する。大火傷を負った少女も加えての共同生活が軌道にのりだした頃、三人は領主の館をめぐる陰謀に巻きこまれてゆく。太古の魔法を受け継ぐのは誰か?


こう要約されるような話じゃないですよね?(笑) (08/8/18読了)

採点:☆☆☆


Track Back--→
だいすけのブログ
三匹の迷える羊たち

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/509-93db7657

1件のトラックバック

[T233] ゲド戦記? 帰還/ル=グウィン

ゲド戦記? 帰還 ル=グウィン 作、清水真砂子 訳/岩波書店/2006 ゲド戦記 4 帰還 (ソフトカバー版) 【評価】★★★★★

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。