Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/50-4e781d15

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

歪んだ頭の中/石川達三

ひとつ間違えると危険なモチーフを通して、社会一般の倫理観に疑問を呈する。
将来、社会に害なすことが予想される禍根を早いうちに断つこともヒューマニズムであり、そのために罪を犯さねばならぬのだとしたら、罰せられようとも敢えて実行に移す。そうした主人公に対し、法権力はもちろん容赦がない。ヒューマニズムを個人が語って、それが殺人といったかたちをとるとしたら、それを認めたときテロリズムさえ許容しなければならない。
社会が掲げるヒューマニズムと、(それが結果として社会に益する行為であるとしても)個人が考えるヒューマニズムの対立は、けっきょく最後まで折り合えないわけだが、折り合ったらおかしいわけだが、それはそれとしてじゅうぶんな問題提起になっているので、思考実験としては大いに成功、ぼくは評価したい。
一応、ささやかではあるが救いのあるのが、このモチーフを採った著者のバランス感覚というものなのかもしれない。 (99/1/9読了)

評者 b.k.ノムラ
評価 ☆☆☆☆
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/50-4e781d15

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。