Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/497-e8b73f34

-件のトラックバック

[T225] 朱川湊人【花まんま】

もう三十余年以上も昔――まだ万博前の大阪で、人は奇妙な生き物を見、不思議な体験に心を揺らす。 懐かしさと哀愁ただよう連作短編集。 ...

[T226] 「花まんま」朱川湊人

 [amazon] [bk1] 60年代の大阪の下町を舞台にした短編集。表題作「はなまんま」は133回直木賞受賞作。 一読して、「ああ、朱川さんらしいなあ」とい...

[T231] 花まんま:朱川湊人。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)大人になったあなたは、何かを忘れてしまっていませんか?昭和30~40年代の大阪の下町を舞台に、ノスタルジックな空気感で情感豊かに描いた6篇の不思議な世界。直木賞受賞の傑作短篇集。お伽話のような短編集ですが何故か大...

[T257] 『花まんま』

朱川湊人 『花まんま』(文春文庫)、読了。 お初の作家さんです。 出だし、大人が子供時代を振り返って語るという構図に 「もさっとして...

-件のコメント

[C177] 朱川湊人さんは

最初に読んだ「都市伝説セピア」がすごく良くて
これは楽しみな作家さんが出たなーと思ったんですが
私が好きだった幻想的なホラー部分が少しずつ薄れて
「ノスタルジック」だけになってきたような気がして…
そうなるとどれも同じに感じられるようになってしまったというか何というか。

あ、でも「都市伝説セピア」の「昨日公園」は、すごくいいですよー。

同じく恒川光太郎さんも「夜市」がものすごく良かったんですけどねー。
以下略。(笑)
  • 2008-07-12
  • 四季
  • URL
  • 編集

[C178] コメントどうもです

悪くないんだけど、何かが足りないんですよね。
時代背景とかの舞台装置を取り除くと、意外なほどに骨格は単純。ゆえに慣れると印象に残らなくなる…。
本文でも書いているように作風は好きなので、それでも読めてしまうんですが。

もういいかなという気にもなってるんですけど(^-^;、では『都市伝説セピア』だけ読んでみようかな…。
あ、『夜市』も興味あるんですよね。これもいつか。
  • 2008-07-13
  • b.k.ノムラ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

花まんま/朱川湊人

第133回直木賞受賞作。

花まんま (文春文庫 し 43-2)
花まんま (文春文庫 し 43-2)朱川 湊人

文藝春秋 2008-04-10
売り上げランキング : 47046

おすすめ平均 star
star文庫本の値段なら、是非にお奨め
star受賞作ではあるが、好き嫌いあり。要注意

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

かたみ歌』の感想に書いたように、作風自体は好みの部類に入ります。にも関わらず(だからこそ?)読後の満足感はあまり得られませんでした。

メインモチーフをそのままタイトルにしているのですが、そのアイデア自体はいいとしても料理の仕方が物足りません。あまりに直球(棒球)に過ぎるというか…。
できればもうちょっと手元で変化するとか、速球かと思ったらチェンジアップだったとかの工夫がほしかった。
すべてが表題作レベルだったらなあ。

wikipediaによると、朱川湊人は"昭和30~40年代の下町を舞台とした、いわゆる「ノスタルジックホラー」を得意とする"そうですが、ぼくがこの本を他人に紹介するときは「ファンタジー」と説明するでしょう。 (08/7/1読了)

採点:☆☆☆★


Track Back--→
映画と本のたそがれ日記
夢見るひきこもり☆
Ciel Blue

※Amazonに書影がないですね。早く登録してけろ。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/497-e8b73f34

4件のトラックバック

[T225] 朱川湊人【花まんま】

もう三十余年以上も昔――まだ万博前の大阪で、人は奇妙な生き物を見、不思議な体験に心を揺らす。 懐かしさと哀愁ただよう連作短編集。 ...

[T226] 「花まんま」朱川湊人

 [amazon] [bk1] 60年代の大阪の下町を舞台にした短編集。表題作「はなまんま」は133回直木賞受賞作。 一読して、「ああ、朱川さんらしいなあ」とい...

[T231] 花まんま:朱川湊人。

【内容情報】(「BOOK」データベースより)大人になったあなたは、何かを忘れてしまっていませんか?昭和30~40年代の大阪の下町を舞台に、ノスタルジックな空気感で情感豊かに描いた6篇の不思議な世界。直木賞受賞の傑作短篇集。お伽話のような短編集ですが何故か大...

[T257] 『花まんま』

朱川湊人 『花まんま』(文春文庫)、読了。 お初の作家さんです。 出だし、大人が子供時代を振り返って語るという構図に 「もさっとして...

2件のコメント

[C177] 朱川湊人さんは

最初に読んだ「都市伝説セピア」がすごく良くて
これは楽しみな作家さんが出たなーと思ったんですが
私が好きだった幻想的なホラー部分が少しずつ薄れて
「ノスタルジック」だけになってきたような気がして…
そうなるとどれも同じに感じられるようになってしまったというか何というか。

あ、でも「都市伝説セピア」の「昨日公園」は、すごくいいですよー。

同じく恒川光太郎さんも「夜市」がものすごく良かったんですけどねー。
以下略。(笑)
  • 2008-07-12
  • 四季
  • URL
  • 編集

[C178] コメントどうもです

悪くないんだけど、何かが足りないんですよね。
時代背景とかの舞台装置を取り除くと、意外なほどに骨格は単純。ゆえに慣れると印象に残らなくなる…。
本文でも書いているように作風は好きなので、それでも読めてしまうんですが。

もういいかなという気にもなってるんですけど(^-^;、では『都市伝説セピア』だけ読んでみようかな…。
あ、『夜市』も興味あるんですよね。これもいつか。
  • 2008-07-13
  • b.k.ノムラ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。