Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/495-d046a104

-件のトラックバック

[T220] 星新一 一〇〇一話をつくった人 最相葉月

本書の前半では本名の「星親一」が、ペンネームである「星新一」として生まれ代わり、新たな人生を生きる(生きざるを得なかった)波乱の半生が描かれる。波乱と言っても山あり谷ありのドラマティックな半生ではない。一瞬のうちに地獄に呑み込まれるたぐいのそれである。 ..

[T221] 最相葉月【星新一 一〇〇一話をつくった人】

じつは私、星新一の作品を意識的に読んだことがありません。昔、なにかのPR誌で「ショートショート」を見かけたような、かすかな記憶があ...

[T222] 星新一 一〇〇一話をつくった人 最相葉月

装幀は吉田篤弘・吉田浩美。 出生は星製薬の御曹司。父の急逝で引き継いだ会社の苦労。作家・星新一誕生の経緯。日本SF黎明期の様々な苦...

-件のコメント

[C173]

こんばんは。
こちらからトラックバックさせていただきました。

600ページ近い厚さ、読み応えがあって最相さんの意気込みが感じられました。

[C174]

こんにちはっ。
こちらからもTBを送らせていただきました。

膨大で貴重な資料と誠実に向き合った成果でしょうね。
最相葉月はこれが初めてなんですが、また別の本も読んでみたいと思いました。
  • 2008-06-20
  • b.k.ノムラ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

星新一 一〇〇一話をつくった人/最相葉月

SF作家で"ショート・ショートの神様" 星新一の半生記。

星新一 一〇〇一話をつくった人
星新一 一〇〇一話をつくった人最相 葉月

新潮社 2007-03
売り上げランキング : 19452

おすすめ平均 star
star知られざる星の素顔
starSFの人、必読
star魂の千夜一夜

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

星新一の作品を最初に読んだのは、ご多分に漏れず教科書だったように思います。まとまったのを読んだのは20才くらいのときかな。早川の世界SF全集28巻で、です。そして以来、彼のショート・ショートを読んだことはありません。

なぜか?

別に好みじゃなかったわけでなく、単に食指が動かなかっただけ――というのは本書でも仄めかされていることですが、「ショート・ショート軽視」「星新一は読書初心者向け」という彼にあたえられたニュアンスを、ぼくもまた大した検証もなく受け容れていたようです。
我ながら恥ずかしいことですが、これは星新一自身もまさに痛感するところで、それが賞へのこだわり、普遍性へのこだわりへと繋がっていったのでしょう。
同時に彼が千編を目指すに至ったのも、MVPや主要タイトルは獲れないなら、せめて前人未踏の連続試合出場記録を残したいという気持ちの現れだったのかもしれません。

余談ですが、星新一の妻・香代子は、ぼくの高校の先輩だったようです。 (08/6/1読了)

採点:☆☆☆★


Track Back--→
ほとんど積読(たまに読む)日記
Nomadic Note 2
ぱんどらの本箱
カンガルーは荒野を夢見る
粋な提案

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/495-d046a104

3件のトラックバック

[T220] 星新一 一〇〇一話をつくった人 最相葉月

本書の前半では本名の「星親一」が、ペンネームである「星新一」として生まれ代わり、新たな人生を生きる(生きざるを得なかった)波乱の半生が描かれる。波乱と言っても山あり谷ありのドラマティックな半生ではない。一瞬のうちに地獄に呑み込まれるたぐいのそれである。 ..

[T221] 最相葉月【星新一 一〇〇一話をつくった人】

じつは私、星新一の作品を意識的に読んだことがありません。昔、なにかのPR誌で「ショートショート」を見かけたような、かすかな記憶があ...

[T222] 星新一 一〇〇一話をつくった人 最相葉月

装幀は吉田篤弘・吉田浩美。 出生は星製薬の御曹司。父の急逝で引き継いだ会社の苦労。作家・星新一誕生の経緯。日本SF黎明期の様々な苦...

2件のコメント

[C173]

こんばんは。
こちらからトラックバックさせていただきました。

600ページ近い厚さ、読み応えがあって最相さんの意気込みが感じられました。

[C174]

こんにちはっ。
こちらからもTBを送らせていただきました。

膨大で貴重な資料と誠実に向き合った成果でしょうね。
最相葉月はこれが初めてなんですが、また別の本も読んでみたいと思いました。
  • 2008-06-20
  • b.k.ノムラ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。