Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/472-cb3cab03

-件のトラックバック

[T194] 追伸

久々に読んだ真保作品。2005年に「ダイスをころがせ!」を読んでからファンになり、真保作品はほぼすべて読んでいる。前半数十ページを読んだところで、「ダイスをころがせ!」に似ていると感じた。というのは、本作品の祖母の秘密を探りたいという部分と、「ダイスをころが...

-件のコメント

[C146] はじめまして

トラックバックありがとうございました。

真保さんの作品は苦手意識があったのですが、わたしの場合書簡形式というのが敷居を下げてくれたようでスムーズに読めました。
想像してたのよりは、ちょっと軽めだったかな~というのが少し残念ですけど^^;

ところで、すごい読書量ですね~(@_@;)
わたしの方は書籍の紹介はあまり多くありませんし、たいした感想も書けてないのですが、お気が向かれましたらまた気軽にお立ち寄り下さると嬉しいです^^
わたしもまた寄らせていただきますね!

[C149] いらっしゃいませ

こんにちは。わざわざお運びありがとうございます。

手紙というのは自分が出るものなので、読みやすいことが逆に違和感に通じてしまうんですよね。
かといって拙く書いてしまうと、エンターテイメント小説としてマイナスだし…。

当ブログにアップしてあるのは10年分くらいでして、年の読書量はさほどでもなかったりします。(^o^ゞ
こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

  • 2008-02-16
  • b.k.ノムラ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

追伸/真保裕一

真保作品を読むのは『ホワイトアウト』以来。都合2冊目。

追伸
追伸真保 裕一

文藝春秋 2007-09
売り上げランキング : 75410

おすすめ平均 star
star不自然な符号。
star納得できるものではなかった・・・
star平凡?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

書簡=私信であり、基本は個人が個人に向けて発信するもの。それを小説として読ませようという時点でハードルが高いのに加えて、本作は長編であり、且つ2組の往復書簡(夫←→妻、妻の祖父←→祖母)によって構成されています。

そこで結果としてこの試みが成功しているかというと…。
プロットはそれなりに無理ないものなのですが、やはり手紙というスタイルがネックになっています。
人によっては疑問に思わず最後まで読み通せる人もいるかもしれないけど、一方でどこかで違和感を覚えずにはいられない人も多いはず。特に最後の主人公夫婦のやり取りには、さすがにツクリモノ感をぬぐい去ること適いませんでした。

書簡形式との向き合い方次第で、評価の変わる作品かもしれませんね。 (08/2/5読了)

採点:☆☆☆☆


Track Back--→
kigi's Book Diary
映画と本のたそがれ日記
蒼い森の備忘録

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/472-cb3cab03

1件のトラックバック

[T194] 追伸

久々に読んだ真保作品。2005年に「ダイスをころがせ!」を読んでからファンになり、真保作品はほぼすべて読んでいる。前半数十ページを読んだところで、「ダイスをころがせ!」に似ていると感じた。というのは、本作品の祖母の秘密を探りたいという部分と、「ダイスをころが...

2件のコメント

[C146] はじめまして

トラックバックありがとうございました。

真保さんの作品は苦手意識があったのですが、わたしの場合書簡形式というのが敷居を下げてくれたようでスムーズに読めました。
想像してたのよりは、ちょっと軽めだったかな~というのが少し残念ですけど^^;

ところで、すごい読書量ですね~(@_@;)
わたしの方は書籍の紹介はあまり多くありませんし、たいした感想も書けてないのですが、お気が向かれましたらまた気軽にお立ち寄り下さると嬉しいです^^
わたしもまた寄らせていただきますね!

[C149] いらっしゃいませ

こんにちは。わざわざお運びありがとうございます。

手紙というのは自分が出るものなので、読みやすいことが逆に違和感に通じてしまうんですよね。
かといって拙く書いてしまうと、エンターテイメント小説としてマイナスだし…。

当ブログにアップしてあるのは10年分くらいでして、年の読書量はさほどでもなかったりします。(^o^ゞ
こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

  • 2008-02-16
  • b.k.ノムラ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。