Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/450-edd88b8d

-件のトラックバック

[T174] 交渉人⇔五十嵐貴久

交渉人FBI仕込みの警視庁犯罪交渉人が人質解放への壮絶な心理戦を仕掛ける!最新型の犯罪交渉サスペンス!立てこもり犯懐柔術。手玉に取るのは俺だ!救急病院の患者を人質に立てこもる三人組。対する警視庁は500人体制で周囲を固めた。そして犯人グルー....

[T176] 【交渉人 遠野麻衣子・最後の事件】 五十嵐貴久 著

「こんな女を野放しにしておくのは、ある意味で………危険です」「せめて警察という檻の中に入れておかなければ、危なくてしょうがないでしょう」でも、いたっておとなしい遠野警部なんですが…銀座交番、桜田門、鎌倉新宿ライナー、二階建てバス……。都内の各所で爆弾事件

-件のコメント

[C128] TBありがとうございました。

こんばんは。
続編も読みましたが、作品としては第一弾であるこちらの方が読みごたえがあったように思いました。
凛とした強さと思いがけないほどの脆さと、いつ崩れてしまうかわからない不安定さが表現出来る女優さんがいいな!と思いますが、はたして誰が演じるのでしょう。

[C129] こんにちは

こちらこそ、コメント&TBをありがとうございます。
続編は続けて読みました。実は見かけたのは続編が先で、図書館で第1作を見つけてビックリしました。シリーズものだったのか、と。
麻衣子役…今だったら柴咲コウあたりがキャスティングされそうですね。
個人的には麻生久美子を推したいです。
  • 2007-12-07
  • b.k.ノムラ
  • URL
  • 編集

[C131] はじめまして

TBありがとうございました。
この作品が映画化されるとは知りませんでした。
キャスティングが気になるところですね。
それにしても、相当数の本を読んでいらっしゃるようで感心いたしました。
過去記事もちょっとずつさかのぼって拝見させていただきます。
  • 2007-12-08
  • lucksun
  • URL
  • 編集

[C133] いらっしゃいませ

こんにちは。こちらこそ、わざわざお運びありがとうございます。
この作品、前半は場面転換が少ないので、見せ方を工夫しないと地味な映像になりそうですね。そのへんが心配です。
ブログにアップしているのは、10年くらい前からの抜粋で、今は年100冊読むこともなくなってしまいました。
来年はもうちょっとペースを上げたいです。
  • 2007-12-09
  • b.k.ノムラ
  • URL
  • 編集

[C144] はじまして

つい先日文庫になっていたので読みました。期待していたのですが、前半石田の娘が病気で死んだ、と書かれていたくだりで後半のオチの大よそが判ってしまい、ちょっと…がっかりでした。最後にもう一波乱起こす伏線かとも思ったのですがそれも無く。最近読んだ小説の中ではすごく微妙だったので、皆さんどう思われたのかなと思い色々口コミを見ているところです。結構皆さん肯定的なのですね…。続編はもういいや、といった気分でしたが、色々なコメントを拝見して読んでみようかなと思いました。個人的な感想ですみません。有難うございました。

[C145] いらっしゃいませ

"プロの交渉人による犯罪者との交渉"という本来もっとも備わっていてほしい部分の面白さに欠けるのが、この作品(シリーズ)の欠点だと思います。
あんまり書くとネタバレになるので自粛しますが、プロットは意外と良かったと思います。
続編はぼくの中では1作目より評価が低いので、オススメしないでおきます…。

  • 2008-02-05
  • b.k.ノムラ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

交渉人/五十嵐貴久

『1985年の奇跡』がツボに入ってしまった五十嵐貴久。ドラマの『パパとムスメの7日間』も良かったし、ジャンル問わない活躍がスゴいですね。
というわけで、いよいよぼくの守備範囲、ミステリ系にも手を出してみることにしました。

交渉人 (幻冬舎文庫)
交渉人 (幻冬舎文庫)五十嵐 貴久

幻冬舎 2006-04
売り上げランキング : 46011

おすすめ平均 star
starどんでん返しは要らない
star中の上ってところでしょうか
star小説立ての交渉術入門。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

●内容(「BOOK」データベースより)
三人組のコンビニ強盗が、総合病院に立て篭った。院内の人質は五十人。犯人と対峙するのは「交渉人」石田警視正。石田はテレビやプロ野球の話題を織り交ぜ、犯人を思い通りに誘導、懐柔していく。しかし、解決間近と思われた時、事件は思いもよらない方向へ転がる。真の目的は何なのか?手に汗握る驚愕の展開と感動のラスト。傑作サスペンス。


一点、読み落としの可能性大ですが、※反転注意 病院前に運転手のいないタクシーがありましたが、あれってきちんとオチつきましたっけ? 運転手は?

まあ、それはいいとして、とにかく一気読みの面白さでした。
事件の大きさのわりに、語りが軽い&視点が前線本部にほぼ固定されるため、序盤は緊迫感に欠けますが、後半はテンポ良く話が進むのでページを閉じられなくなります。
何の気なしに手に取った本ということもありますが、予想外のアタリ本でした。

調べたらなんと過去に二度、ドラマ化されてるんですね。確かに映像化向きだもんな。
『交渉人』(2003、WOWOW)と、『交渉人 ER救命病棟立てこもり犯を説得せよ!拉致患者47名の命は三億円!?衝撃の罠が仕掛けられた!?』(2005、テレ朝)。前者は鶴田真由=遠野麻衣子&三上博史=石田修平、後者は永作博美と椎名桔平のコンビだったようです。 (07/11/26読了)

採点:☆☆☆☆


TB>らぶほん-本に埋もれて
映画化されると聞いて再読しました。
映像にしたら「踊る大捜査線」の真下よりも面白くなりそうな気がします。


おっと。マジですか! 確かに真下よりは面白くなりそう。
配役はどうなるんだろう。

Track Back--→
読書の愉楽
ツブログ
たまらなく孤独で、熱い街


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/450-edd88b8d

2件のトラックバック

[T174] 交渉人⇔五十嵐貴久

交渉人FBI仕込みの警視庁犯罪交渉人が人質解放への壮絶な心理戦を仕掛ける!最新型の犯罪交渉サスペンス!立てこもり犯懐柔術。手玉に取るのは俺だ!救急病院の患者を人質に立てこもる三人組。対する警視庁は500人体制で周囲を固めた。そして犯人グルー....

[T176] 【交渉人 遠野麻衣子・最後の事件】 五十嵐貴久 著

「こんな女を野放しにしておくのは、ある意味で………危険です」「せめて警察という檻の中に入れておかなければ、危なくてしょうがないでしょう」でも、いたっておとなしい遠野警部なんですが…銀座交番、桜田門、鎌倉新宿ライナー、二階建てバス……。都内の各所で爆弾事件

6件のコメント

[C128] TBありがとうございました。

こんばんは。
続編も読みましたが、作品としては第一弾であるこちらの方が読みごたえがあったように思いました。
凛とした強さと思いがけないほどの脆さと、いつ崩れてしまうかわからない不安定さが表現出来る女優さんがいいな!と思いますが、はたして誰が演じるのでしょう。

[C129] こんにちは

こちらこそ、コメント&TBをありがとうございます。
続編は続けて読みました。実は見かけたのは続編が先で、図書館で第1作を見つけてビックリしました。シリーズものだったのか、と。
麻衣子役…今だったら柴咲コウあたりがキャスティングされそうですね。
個人的には麻生久美子を推したいです。
  • 2007-12-07
  • b.k.ノムラ
  • URL
  • 編集

[C131] はじめまして

TBありがとうございました。
この作品が映画化されるとは知りませんでした。
キャスティングが気になるところですね。
それにしても、相当数の本を読んでいらっしゃるようで感心いたしました。
過去記事もちょっとずつさかのぼって拝見させていただきます。
  • 2007-12-08
  • lucksun
  • URL
  • 編集

[C133] いらっしゃいませ

こんにちは。こちらこそ、わざわざお運びありがとうございます。
この作品、前半は場面転換が少ないので、見せ方を工夫しないと地味な映像になりそうですね。そのへんが心配です。
ブログにアップしているのは、10年くらい前からの抜粋で、今は年100冊読むこともなくなってしまいました。
来年はもうちょっとペースを上げたいです。
  • 2007-12-09
  • b.k.ノムラ
  • URL
  • 編集

[C144] はじまして

つい先日文庫になっていたので読みました。期待していたのですが、前半石田の娘が病気で死んだ、と書かれていたくだりで後半のオチの大よそが判ってしまい、ちょっと…がっかりでした。最後にもう一波乱起こす伏線かとも思ったのですがそれも無く。最近読んだ小説の中ではすごく微妙だったので、皆さんどう思われたのかなと思い色々口コミを見ているところです。結構皆さん肯定的なのですね…。続編はもういいや、といった気分でしたが、色々なコメントを拝見して読んでみようかなと思いました。個人的な感想ですみません。有難うございました。

[C145] いらっしゃいませ

"プロの交渉人による犯罪者との交渉"という本来もっとも備わっていてほしい部分の面白さに欠けるのが、この作品(シリーズ)の欠点だと思います。
あんまり書くとネタバレになるので自粛しますが、プロットは意外と良かったと思います。
続編はぼくの中では1作目より評価が低いので、オススメしないでおきます…。

  • 2008-02-05
  • b.k.ノムラ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。