Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/448-26de2417

-件のトラックバック

[T173] 『女王国の城』有栖川有栖

 随分と気弱な挑戦状だ、と苦笑されるかもしれないが、本格ミステリとは<最善を尽くした探偵>の記録だ。江神二郎の推理こそ、この物語を完結させる唯一の解答である。 ご安心いただくために、威勢よく言い直そう。 論理の糸の一端は読者の眼前にあり、それを手繰った先

-件のコメント

[C124]

はじめまして、じっちゃんと申します。

十人十色といいますが、ミステリの評価も
人それぞれだと改めて思います。
私はこの『女王国の密室』は江神シリーズの中でも
トップクラスに位置づける一方
『双頭の悪魔』はイマイチの感がありました。
(世評は高いですけれどね)

また、『哲学者の密室』は矢吹駆シリーズの中の
私的にナンバーワンです。

でも、こういう風に人によって評価が違うから面白いんでしょうね。
このミスのベストなんか、気に入らないところだらけですしね。

[C125]

はじめまして。わざわざお運びありがとうございます!

今回はとにかくもたついている印象が残りました。この長さを引っ張る力に欠けるというか。
このボリュームを、キャラクター&世界を描くのに必要な長さと捉えられればいいのですが、あの筋を語る上では無闇に長いとぼくには感じられてしまったのが、あまり評価できない最大の理由です。
既刊4冊いずれも同じ☆の数なので、ダメということはなくもちろん面白かったのですが、並べるとやはり一枚落ちる感はありますね。

「このミス」は初期はいいとして、ここ10年くらいは納得できないです。ぼくも。
ただ、「文春」ほど政治的ではないので、けっこう読書の指針にはなっています
  • 2007-12-01
  • b.k.ノムラ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

女王国の城/有栖川有栖

江神シリーズ、15年ぶりの長編第4作。もちろん<読者への挑戦>がついておりますですよ。

女王国の城 (創元クライム・クラブ)
女王国の城 (創元クライム・クラブ)有栖川 有栖

東京創元社 2007-09
売り上げランキング : 5923

おすすめ平均 star
starペリパリ
star長く待たされました
star待った時間の分だけ、楽しめる作品!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

シリーズ既刊の感想:--→
月光ゲーム
孤島パズル
双頭の悪魔


既刊の評価は『双頭の悪魔』>『孤島パズル』>『月光ゲーム』となっていますが、本作は残念ながらその下になります。
たとえば笠井潔の矢吹駆シリーズにおける『哲学者の密室』、原りょうの沢崎シリーズにおける『愚か者死すべし』の位置づけですね。面白いけどかつての輝きがない、あまり再読する気がしない。

とにかく、この長さを持たせるにはプロットの重厚感が足りない。独立した作品として見た場合、コストパフォーマンスが低いと感じました。
キャラ小説要素の強いシリーズゆえ、問題にならないとされる方も多いかもしれませんが、それにしたって15年分の期待値、2300円という価格、読むのに使った結構な時間というものがあります。それらの投資には残念ながら見合わなかったということです。
この半分の枚数だったら、既刊に優らないまでもあまり劣らぬミステリになっていた可能性があります。満足感は少なからず高かったと思います。なんか惜しい。

既刊の感想にも書いているように、江神シリーズは(火村ものと比較するまでもなく)大好きなシリーズなので、最終第5作は、ボリュームは問いませんので、シリーズの掉尾を飾るに相応しい傑作であることを望みます。

それにしても今回もクローズド・サークルもの。本シリーズはこれが定型ということで、次回もきっとそうなるのでしょう。 (07/11/23読了)

採点:☆☆☆☆


Track Back--→
読書の愉楽
今夜、地球の裏側で
乱読にもほどがあるッ!
じっちゃんの誤読日記
taipeimonochrome


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/448-26de2417

1件のトラックバック

[T173] 『女王国の城』有栖川有栖

 随分と気弱な挑戦状だ、と苦笑されるかもしれないが、本格ミステリとは<最善を尽くした探偵>の記録だ。江神二郎の推理こそ、この物語を完結させる唯一の解答である。 ご安心いただくために、威勢よく言い直そう。 論理の糸の一端は読者の眼前にあり、それを手繰った先

2件のコメント

[C124]

はじめまして、じっちゃんと申します。

十人十色といいますが、ミステリの評価も
人それぞれだと改めて思います。
私はこの『女王国の密室』は江神シリーズの中でも
トップクラスに位置づける一方
『双頭の悪魔』はイマイチの感がありました。
(世評は高いですけれどね)

また、『哲学者の密室』は矢吹駆シリーズの中の
私的にナンバーワンです。

でも、こういう風に人によって評価が違うから面白いんでしょうね。
このミスのベストなんか、気に入らないところだらけですしね。

[C125]

はじめまして。わざわざお運びありがとうございます!

今回はとにかくもたついている印象が残りました。この長さを引っ張る力に欠けるというか。
このボリュームを、キャラクター&世界を描くのに必要な長さと捉えられればいいのですが、あの筋を語る上では無闇に長いとぼくには感じられてしまったのが、あまり評価できない最大の理由です。
既刊4冊いずれも同じ☆の数なので、ダメということはなくもちろん面白かったのですが、並べるとやはり一枚落ちる感はありますね。

「このミス」は初期はいいとして、ここ10年くらいは納得できないです。ぼくも。
ただ、「文春」ほど政治的ではないので、けっこう読書の指針にはなっています
  • 2007-12-01
  • b.k.ノムラ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。