Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/433-e71213f7

-件のトラックバック

[T152] ??????

???????????ä????

[T154] エラリー・クイン「シャム双生児の秘密」

 国名シリーズ第7弾。  休暇から帰る途中のクイーン親子は山火事にまきこまれ、やっとのことで山頂にある屋敷に辿り着く。  そこで不気味な一夜を過ごしたが、翌日、なんと屋敷の主人のザヴィヤー博士が射殺体で発見された!   しかし、状況はそれどころではなくなり...

-件のコメント

[C114] はじめまして。

  はじめまして。TBありがとうございました。こちらからもさせてください。

  この「シャム双生児の秘密」は、お父さんのクイーン警視が活躍しているので、気に入ってます。トリックの部分は、ちょっと…ですね。
 気取り屋さんのエラリーより、お父さんのほうが、よっぽど良いです。
 エラリーって、「デス・ノート」の夜神月(ライト)に雰囲気とか家庭環境が似てますね。

[C115] いらっしゃいませ

こんにちは。わざわざお運びありがとうございます!

警視の活躍を読むなら、やはり初期の国名シリーズ。次第に出番が減っていきますからね。
なるほど、2人のポジションはライトとオヤジさんに似ています。

以前、「クイーンの冒険」をJETが漫画化したとき、警視が痩せこけているのに驚いた覚えがあります。そちらが正しいのですが、なんとなくぼくは、もっとがっしりしたイメージで読んでいたもので…。


  • 2007-09-19
  • b.k.ノムラ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

シャム双生児の秘密/エラリイ・クイーン

国名シリーズ第7作。おなじみの<読者への挑戦>がない、シリーズ中の異色作です。再読率の高いクイーンですが、本作に限ってはたぶん、読むのは二度目。

シャム双生児の秘密 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ク 3-17)シャム双生児の秘密 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ク 3-17)
エラリイ・クイーン 青田 勝

早川書房 1978-06
売り上げランキング : 441798
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

山火事で退路を断たれ、命からがら逃げこんだ山頂の屋敷が舞台で、閉じこめられたクイーン親子が、そこで起きる連続殺人の謎に挑むというのが基本設定。いわゆる<嵐の山荘もの>というやつです。
と、同時に、山火事がいましも間近に迫りつつある状況から、<デッドリミットもの>でもあると言えますね。
構造的には、長編ミステリの核にするにはいささか脆弱な前者(事件の謎)を、後者のサスペンスが救っているという印象です。

カードを使ったダイイング・メッセージですが、クイーンにしてはいい出来です。よく使うわりには今イチなものが多いからな。 (07/9/11読了・再読)

採点:☆☆☆☆


TB>ケイの読書日記
だいたい、死に瀕した人間がトランプを半分に引きちぎれるだろうか? トランプは結構かたい。引き裂くには指先の力が相当いるよ。


プラスチック製トランプの誕生は1953年、任天堂の手によるものだそうです。なので、この事件に登場するカードは紙製だったのではないでしょうか。そういえば以前、プラスチック製トランプを引きちぎろうとしたことがあるのですが、確かにしんどい作業でした。

もひとつ。以下のブログにもTB!

TB>asterisk* blog


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/433-e71213f7

2件のトラックバック

[T152] ??????

???????????ä????

[T154] エラリー・クイン「シャム双生児の秘密」

 国名シリーズ第7弾。  休暇から帰る途中のクイーン親子は山火事にまきこまれ、やっとのことで山頂にある屋敷に辿り着く。  そこで不気味な一夜を過ごしたが、翌日、なんと屋敷の主人のザヴィヤー博士が射殺体で発見された!   しかし、状況はそれどころではなくなり...

2件のコメント

[C114] はじめまして。

  はじめまして。TBありがとうございました。こちらからもさせてください。

  この「シャム双生児の秘密」は、お父さんのクイーン警視が活躍しているので、気に入ってます。トリックの部分は、ちょっと…ですね。
 気取り屋さんのエラリーより、お父さんのほうが、よっぽど良いです。
 エラリーって、「デス・ノート」の夜神月(ライト)に雰囲気とか家庭環境が似てますね。

[C115] いらっしゃいませ

こんにちは。わざわざお運びありがとうございます!

警視の活躍を読むなら、やはり初期の国名シリーズ。次第に出番が減っていきますからね。
なるほど、2人のポジションはライトとオヤジさんに似ています。

以前、「クイーンの冒険」をJETが漫画化したとき、警視が痩せこけているのに驚いた覚えがあります。そちらが正しいのですが、なんとなくぼくは、もっとがっしりしたイメージで読んでいたもので…。


  • 2007-09-19
  • b.k.ノムラ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。