Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/432-fdcdc374

-件のトラックバック

[T148] 佐々木譲 『うたう警官』  戦時情報戦小説の勇、あの佐々木譲の完全復活だ。

2004年3月5日の北海道新聞より、道議会総務委員会で4日開かれた元道警釧路方面本部長に対する参考人質疑の一部である。私が裏金づくりに直接タッチしたのは、一九六四年四月に配置された当時の北見方面本部刑事課が最初。階級は巡査部長だった。初めて領収書や関係書類を、

[T149] 【佐々木譲】笑う警官

 2006年版このミス10位ランクイン作品で、『警察庁から来た男』は本書の続編になる。面白かった! ちょいと甘いかも知れないが、『警察庁から来た男』との相対的評価で★五つとした。ハルキ文庫 2007/5/18 第一刷発行 札幌市内のマンションの一室で、道警本部婦警...

[T150] 笑う警官

 佐々木譲氏は初読み。最近、『制服捜査』や『警察庁から来た男』など、警察小説の評判が良いようなので買ってみた。『笑う警官』といえば、海外モノに同名の有名先行作品があるが、読んだことはない。  物語は、実際に数年前大騒ぎになった(はずなのにもう忘れている

[T155] ちびまる子ちゃんのことわざ教室 (満点ゲッ

漫画が読みたい~!と言い始めた1年の娘のために購入。どうせ読むなら・・。と与えてみましたが大ヒット。放っておいたら何時間でも読み続けています。娘にとっては”ただのおもしろい漫画”なので、知らず知らずのうちに語彙が増えているようです。”急いてはことを仕損じ

-件のコメント

[C108] TBありがとうご0ざいました。

佐々木譲は『ベルリン飛行指令』『エトロフ発緊急電』『ストックフォルムの密使』が最高の出来だった。これは警察ものというより、この戦時情報小説の系統を現代にもってきた冒険小説としてたいへん興味深く読めました。

[C110] ようこそ!

こんにちは。こちらこそ、TB&コメントありがとうございます。
なぜか冒険小説はあまり読まないため、そのあたりは手に取ったことがありません。
今回、警察小説ということで読んだのですが、やはり佐々木譲は冒険小説という意見は多いようで、機会があったら是非読んでみたいと思います。
  • 2007-09-08
  • b.k.ノムラ
  • URL
  • 編集

[C112] ご無沙汰です

 確かに、うまく話が進みすぎるという嫌いはありましたが、先に続編を読んでちょっと気持ち悪いところもあったせいか、大変面白く読めました。

 改題については、ブログでは肯定的意見を見たことがありませんね。(^^;

[C113] なるほど

勝手に佐々木譲に重厚なイメージを抱いていたので、かなりとまどいました。
続編は基本的に文庫落ちを待ちます。

ここまで異論が出るような改題をしたということについては、さすが角川というしかないです。(^-^;

  • 2007-09-09
  • b.k.ノムラ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

うたう警官/佐々木譲

実際にあった北海道警の裏金事件をモチーフにした警察小説。最近、『笑う警官』と改題文庫化された。

うたう警官うたう警官
佐々木 譲

角川春樹事務所 2004-12
売り上げランキング : 178055
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

こんなもん? というのが正直なところ。2時間ドラマや24時間ドラマなら演出で見せようもあるんだろうけど、文章だとご都合主義ばかりが目立って素直に物語に入り込めません。
佐々木譲の長編を読むのはこれが初めてだけど、文章がちょっと肌に合わない気もするし、次は当分なさげな予感。

それと文庫化にあたっての改題。これは失敗でしょう。納得がいかない。
よりによってそのタイトルかよ(本心から先達をリスペクトしてるなら、改題後のタイトルにはできないでしょう)、というのもあるけど、それ以上に内容にそぐわない。
版元と映画の製作委員会に押し切られたのだろうと想像されますが、なんとかならなかったんかな。 (07/8/25読了)

採点:☆☆☆★


TBいきます! よろしくお願いします。

TB>higeruの大活字読書録
TB>日記風雑読書きなぐり
TB>読書狂日記

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/432-fdcdc374

4件のトラックバック

[T148] 佐々木譲 『うたう警官』  戦時情報戦小説の勇、あの佐々木譲の完全復活だ。

2004年3月5日の北海道新聞より、道議会総務委員会で4日開かれた元道警釧路方面本部長に対する参考人質疑の一部である。私が裏金づくりに直接タッチしたのは、一九六四年四月に配置された当時の北見方面本部刑事課が最初。階級は巡査部長だった。初めて領収書や関係書類を、

[T149] 【佐々木譲】笑う警官

 2006年版このミス10位ランクイン作品で、『警察庁から来た男』は本書の続編になる。面白かった! ちょいと甘いかも知れないが、『警察庁から来た男』との相対的評価で★五つとした。ハルキ文庫 2007/5/18 第一刷発行 札幌市内のマンションの一室で、道警本部婦警...

[T150] 笑う警官

 佐々木譲氏は初読み。最近、『制服捜査』や『警察庁から来た男』など、警察小説の評判が良いようなので買ってみた。『笑う警官』といえば、海外モノに同名の有名先行作品があるが、読んだことはない。  物語は、実際に数年前大騒ぎになった(はずなのにもう忘れている

[T155] ちびまる子ちゃんのことわざ教室 (満点ゲッ

漫画が読みたい~!と言い始めた1年の娘のために購入。どうせ読むなら・・。と与えてみましたが大ヒット。放っておいたら何時間でも読み続けています。娘にとっては”ただのおもしろい漫画”なので、知らず知らずのうちに語彙が増えているようです。”急いてはことを仕損じ

4件のコメント

[C108] TBありがとうご0ざいました。

佐々木譲は『ベルリン飛行指令』『エトロフ発緊急電』『ストックフォルムの密使』が最高の出来だった。これは警察ものというより、この戦時情報小説の系統を現代にもってきた冒険小説としてたいへん興味深く読めました。

[C110] ようこそ!

こんにちは。こちらこそ、TB&コメントありがとうございます。
なぜか冒険小説はあまり読まないため、そのあたりは手に取ったことがありません。
今回、警察小説ということで読んだのですが、やはり佐々木譲は冒険小説という意見は多いようで、機会があったら是非読んでみたいと思います。
  • 2007-09-08
  • b.k.ノムラ
  • URL
  • 編集

[C112] ご無沙汰です

 確かに、うまく話が進みすぎるという嫌いはありましたが、先に続編を読んでちょっと気持ち悪いところもあったせいか、大変面白く読めました。

 改題については、ブログでは肯定的意見を見たことがありませんね。(^^;

[C113] なるほど

勝手に佐々木譲に重厚なイメージを抱いていたので、かなりとまどいました。
続編は基本的に文庫落ちを待ちます。

ここまで異論が出るような改題をしたということについては、さすが角川というしかないです。(^-^;

  • 2007-09-09
  • b.k.ノムラ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。