Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/426-8f8d7967

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ワルボロ/ゲッツ板谷

ゲッツ板谷の自伝的(?)青春小説。9/8には劇場映画(主演/松田翔太、新垣結衣 監督/隅田靖)も公開になる、旬のタイトルです。

「恋・友情・喧嘩」が青春ものの3大キイワードですが、そのいずれの要素もきっちりたっぷりバッチリ描かれてますんで。とにかくアツい青春小説です。

ワルボロ (幻冬舎文庫 け 2-1)ワルボロ (幻冬舎文庫 け 2-1)
ゲッツ板谷

幻冬舎 2007-07
売り上げランキング : 22734
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

●幻冬舎ホームページより
みんなワルくてボロかった。中学生でも命をかけて闘い守るものがある。それがオレたちの“永遠”だった。殴り殴られ泣き笑う、震える心が伝わる、青春小説の傑作誕生!!


もしかしたら読者を選ぶのかもしれないけど、ぼくには大ハマり。著者は1コ上、生まれ育ちも同じ三多摩ということもあり、まずそこで親近感を抱いてしまった。
当時の立川と三鷹ではえらい違いですけどね。
ぼくはコーちゃんの"変身前"、"変身後"のちょうど真ん中くらいのポジションにいたので、そっちの世界はほとんど耳学問に過ぎないんですが、当時の記憶が掘り起こされて懐かしかった。

思い返すと立川には、この小説に描かれている頃、クラスメートが住んでいたので遊びに行ったり、高校のコンパやサッカーの試合でも足を運ぶことがあった。幸運にも抗争に巻き込まれずに済んで幸いでありました。 (07/7/31読了)

評価:☆☆☆☆


ps:ぼくの人生最初の、そしてほとんどすべての会社員生活(ゲーム企画会社ですが)、勤め先は錦町→柴崎町でした。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/426-8f8d7967

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。