Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/418-3698cb3c

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ふたたび赤い悪夢/法月綸太郎

「頼子のために」「一の悲劇」と合わせて三部作を為し、単体でも代表作だという。それはそれとして、現時点で最も好きなノリリン作品ではあります。再読です。

ふたたび赤い悪夢ふたたび赤い悪夢
法月 綸太郎

講談社 1992-04
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

例によって内容はほとんど忘却の彼方。ただ、真相だけはなんとなく覚えてました。
だからというわけではないけど、謎解きミステリとしては、ちょっと物足りないかな。むしろ、それ以外の部分が読ませどころなんだとは思いますが。

途中で投げ出した「パズル崩壊」を除くと、あとは「二の悲劇」を読むとノリリンの小説は全作クリアとなります。 (07/6/22読了・再読)

評価:☆☆☆☆ ※初読時

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/418-3698cb3c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。