Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/414-70b46cc3

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

魔術/エド・ マクベイン

87分署シリーズの中でも屈指の名作との誉れ高い作品。個人的に同シリーズを読むのは、『警官ぎらい』に次いで2冊目になります。

魔術魔術
エド・ マクベイン Ed Mcbain 井上 一夫

早川書房 1995-06
売り上げランキング : 109293
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


奇術師失踪事件、死体バラバラ事件、連続酒屋襲撃事件、レイプ犯に対する囮捜査。87分署の面々が、ハロウィンの夜に起きるこれら4つの事件を追うわけですが、後書きによると、こうして複数の事件が同時並行に語られるスタイルを「モジュラー型」というそうです。
これ、87分署ファンには毎度お馴染みらしいけど、ぼくにはときに散漫に感じられました。映像ならありかなあ、と思わないでもない、実際に似たような刑事(警察)ドラマもあったしね。
でも、小説でやるなら、もう少しどっしり腰を据えて書いてほしい。場面転換が必然的に多くなるので、台本を読んでいるみたい。

各事件の裏は、中盤以降に順次、景気よく明かされるため、終盤はサプライズより大詰めを迎えた捜査のスリルが読みどころになります。それもひとつの書き方と思うけど、本作にあってはバタついた印象を受けました。 (07/6/12読了)

評価:☆☆☆★

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/414-70b46cc3

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。