Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/359-5277bc0e

-件のトラックバック

[T127] 『暗く聖なる夜』 マイクル・コナリー 古沢嘉通 訳 講談社文庫

マイクル コナリー, Michael Connelly, 古沢 嘉通 暗く聖なる夜〈上〉 “ハリー・ボッシュ”シリーズ9作目。シリーズものとして大転換!最初の一行目から、ぶっ飛びます。違和感を感じる人もいるかもしれないが、シリーズ9作目でマンネリ感でなく

-件のコメント

[C95] コナリーのワースト2

>ファンには気にならないのかな?
気にならない人が多数派みたいですが、私は気になってこの作品はコナリーのワースト2だと思いました。ワースト1は「トランク・ミュージック」ですな。

[C96] re>コナリーのワースト2

作品の一般的評価は高いようですね。
確か「このミス」でも1位か2位だった気がしますし。
ぼくは面白く読めたけど、シリーズの他の作品を手に取る気は起きませんでした。やっぱり、上に書いたような理由で。
  • 2007-06-24
  • b.k.ノムラ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

暗く聖なる夜(上下)/マイクル・コナリー

ハリー・ボッシュ シリーズ第8作。そして私的に初マイクル・コナリー。警察をやめる前の、離婚前のボッシュを知らなくていいんでしょうか、と思いつつ手に取りましたが、なかなかノって読めました。

暗く聖なる夜〈上〉暗く聖なる夜〈上〉
マイクル コナリー Michael Connelly 古沢 嘉通

講談社 2005-09
売り上げランキング : 72709
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

民間人の立場になったボッシュが、様々な圧力、妨害に遭いながらも未解決事件の謎を追って突き進んでいくストーリーはなかなかサスペンスに満ちていて、結構な分量にもかかわらず、さほど飽かすことがありません。プロットも複雑になるかならないかくらいの程良いバランスで、なるほどこの作家の評価の高さも解る気がしました。

展開がちょっとご都合主義に過ぎるんじゃないかと思わないでもないし、それまでの知性が一瞬に失われる乱暴なクライマックス、作品のカラーに合わない気がするエンディングと、マイナス点もそれなりにあるので、総合的には程々の点数になってしまうのですが、楽しい読書だったのは確かです。このあたり、ファンには気にならないのかな?

ところで、このシリーズは近年、新作のたびに版元、版型が変わっているようですね。ビジネスだから仕方ないのかもしれませんが、翻訳する出版社は自制してほしいものです。むろん著者(あるいは彼のエージェント)も。 (06/12/6読了)

評価:☆☆☆☆


今回、参考にさせていただいたブログです。

TB>soramove :「暗く聖なる夜(上)(下)」読み応えアリ、唸るね、これは
TB>ひねくれ者と呼んでくれ :「暗く聖なる夜 上・下」(マイクル・コナリー):感動するもラストで、なんだかなあ


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/359-5277bc0e

1件のトラックバック

[T127] 『暗く聖なる夜』 マイクル・コナリー 古沢嘉通 訳 講談社文庫

マイクル コナリー, Michael Connelly, 古沢 嘉通 暗く聖なる夜〈上〉 “ハリー・ボッシュ”シリーズ9作目。シリーズものとして大転換!最初の一行目から、ぶっ飛びます。違和感を感じる人もいるかもしれないが、シリーズ9作目でマンネリ感でなく

2件のコメント

[C95] コナリーのワースト2

>ファンには気にならないのかな?
気にならない人が多数派みたいですが、私は気になってこの作品はコナリーのワースト2だと思いました。ワースト1は「トランク・ミュージック」ですな。

[C96] re>コナリーのワースト2

作品の一般的評価は高いようですね。
確か「このミス」でも1位か2位だった気がしますし。
ぼくは面白く読めたけど、シリーズの他の作品を手に取る気は起きませんでした。やっぱり、上に書いたような理由で。
  • 2007-06-24
  • b.k.ノムラ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。