Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/351-c6fee3d5

-件のトラックバック

-件のコメント

[C58] 続編

こんばんは。トラバ&リンクありがとうございます。
うーん、私も続編が読みたい!、と思いましたが、そうか、これはない方がいいのかなぁ。
色々なピースがぴたぴたはまるのが快感で、楽しく読める物語でした♪

[C59] いらっしゃいませ

こんにちは。コメントありがとうございます!

続編を想定しながらの終わり方のような気もするのですが、あの3人の物語はここでフェイドアウトさせたほうが余韻もあっていいように思いました。
スピンオフといった感じで、陸文挙オンリー、季和オンリーの別の物語だったら読んでみたいかな。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

吃逆/森福都

宋代の中国を舞台とした連作ミステリ。中短編を3編収録。森福作品を読むのは、処女作『長安牡丹花異聞』以来、2冊目になります。

吃逆吃逆
森福 都

講談社 2002-08
売り上げランキング : 311510
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

●Amazon.como.jp :商品の説明
内容(「BOOK」データベースより)
しゃっくりをすると、奇妙な光景が見えたり、何かを閃いたりという不思議な癖をもつ陸文挙。齢三十にして科挙合格の快挙を遂げたが、下位合格のため職がない。特技を知ったある人物から、新しくできる新聞社に探偵としてスカウトされ、まず男女投身事件の真相を追う。ユーモアあふれる中国歴史ミステリー。


『ミレニアム』みたいですね。でも、あそこまで役に立つものではないところがミソ。事実、一編目の『綵楼歓門』ではやたらと吃逆しては白昼夢を見ますが、二編目『紅蓮夫人』以降はほとんど出番がなくなります。
また、本を手にとった時点では、主人公の陸文挙が名探偵として活躍する話なんだろうと誰もが想像することと思います。でも、実際は違うんですね。どう違うかは読んでのお楽しみなんですが。
かように、読む前の印象を裏切るタイプの作品、と。もちろん、だからといってダメというわけではないです。

内容的には、ちょっと地味で小粒な印象があるかな。ミステリとしても物語としても。それでも最後の『鬼市子』は、その後のドラマへの期待を膨らませてくれるので、続編が書かれることがあれば読んでみたいと思います。
あ、いや、この喪失感がいいので、続編はやはりやめてください。 (06/11/7読了)

評価:☆☆☆★


では、今回も他の方の感想をご紹介。

TB>日常&読んだ本log :「吃逆」/探偵はしゃっくり癖の進士様!


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/351-c6fee3d5

0件のトラックバック

2件のコメント

[C58] 続編

こんばんは。トラバ&リンクありがとうございます。
うーん、私も続編が読みたい!、と思いましたが、そうか、これはない方がいいのかなぁ。
色々なピースがぴたぴたはまるのが快感で、楽しく読める物語でした♪

[C59] いらっしゃいませ

こんにちは。コメントありがとうございます!

続編を想定しながらの終わり方のような気もするのですが、あの3人の物語はここでフェイドアウトさせたほうが余韻もあっていいように思いました。
スピンオフといった感じで、陸文挙オンリー、季和オンリーの別の物語だったら読んでみたいかな。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。