Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/349-31b97939

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

緑色の亀の秘密/エラリイ・クイーン

「ジュナの冒険」第3作。毎回翻訳者が異なるのもこのシリーズの特徴ですが、本作はコリン・ウィルソンの訳者として著名な中村保男が担当しています。

緑色の亀の秘密

緑色の亀の秘密 (1978年)緑色の亀の秘密 (1978年)
中村 保男

早川書房 1978-11
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

●「あらすじ」より
ジュナはふとしたことで、親切な新聞記者のファーロングさんと知り合った。ところがそのファーロングさんの新聞社にある男が奇妙な幽霊屋敷の話を持ちこんできた。町のまん中のあき家で、夜な夜な怪しいもの音がするというのだ。そんなばかな……好奇心に燃えるジュナは友だちのベンとさっそく調査に出かけた。すると、人のいないはずの屋敷の窓から明かりがもれているではないか!
しかも思いきってドアをノックすると、見知らぬ少女が、すっと顔を出した……ジュナとベンはいちもくさんにかけ出して、ファーロングさんの助けを求めた!


愛犬チャンプは別格として、このシリーズでは友人トミーと並ぶジュナのパートナーとなるソッカー・ファーロングが初登場。なかなか気のいいあんちゃんぶりを見せてくれます。
タイトルにもなっているベンの愛亀も、登場シーンは少ないものの、事件の鍵を握るKey Turtle としてなかなかのご活躍。子供向けということもあり、もちろんタイトルに使われていることもありますが、このシリーズは実に動物の使い方がうまいですね。  (06/11/7読了)

評価:☆☆☆★

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/349-31b97939

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。