Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/340-7302d563

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

桜宵/北森鴻

三軒茶屋にあるビアバー〈香菜里屋〉を舞台にしたシリーズの第2作。

桜宵桜宵
北森 鴻

講談社 2006-04-14
売り上げランキング : 21263
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

●出版社からのコメント
バーのマスター工藤が4つの難事件に挑む!東京・三軒茶屋の路地裏にひっそりと佇むバー「香菜里屋」。そのマスター・工藤が探偵役となって、バーに集う人々をめぐる4つの事件を解決していく連作短編集。


前作『花の下にて春死なむ』を読んだのは、古本酒場コクテイル@高円寺でおこなわれた某オフの幹事をしたのがきっかけでした。2年半前のことになります。
会場のコクテイルは、新旧文士たちが親しんだ、あるいは自ら創作した料理、そして作中に登場する料理をアレンジした"文士料理"がセールスポイントのお店で。そこでオフをやるにあたってマスターのご厚意で希望料理を供してくださることになり、参加者から募ったところ、『花の下にて春死なむ』からも2つの料理が挙げられたのでした。
いずれも表題短編からのチョイスで、当時のメモを参照すると、「鯛のバルサミコ酢」「蕪のコンソメ煮(オリジナルは冬瓜)」となっています。

で、2作目となる本作。
やはり前作で感じた、ミステリであらんとしたために生まれた不自然さは拭えず、今回ももったいないと感じました。それでも、『旅人の真実』などはバイプレイヤーの魅力もあってかなり楽しめますし、アイデアが泡坂妻夫を彷彿とさせる『約束』も面白く読みました。 (06/10/17読了)

評価:☆☆☆★


では、感想を参考にさせていただいたブログをふたつご紹介。

TB>日常&読んだ本log :「桜宵」/広がる北森ワールド
TB>second mesage :北森鴻/桜宵

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/340-7302d563

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。