Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/339-15221450

-件のトラックバック

[T63] 秋の花/北村薫

秋の花の第三弾。このシリーズは僕の中で連作短編しかないと思ってたので(これは加納朋子さんの影響かも。←時代的には逆だけど)、まずそこが以外でした。確かに"人の死"というものをこの作風で扱うには50ページの短編では少なすぎる、というのは分かってましたが

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

秋の花/北村薫

〈円紫と私〉シリーズ第3作にして初長編。『空飛ぶ馬』『夜の蝉』から続けての再読。

秋の花秋の花
北村 薫

東京創元社 1997-02
売り上げランキング : 65470
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『夜の蝉』の感想で、表題作がシリーズでもっとも好きと書きましたが、一冊の本としてみた場合、この『秋の花』のほうが中編集『夜の蝉』よりぼくの中では上位に位置します。

本作が書かれた時点で、まだ北村薫の容れものにはいくらでもアイデアの種が詰まっていたと思われます。なのにあえて人に死を扱ったのは、シリーズものが陥りがちなパターンの硬直を避けたかったこともあるにしろ、やはり日々の営みを描くうえで人の死を扱うことは避けられないものと考えたからでしょう。
その死が身近な者の死であるのは、シリーズのスタンスからして必然ですね。

このシリーズの再読は、ここでいったん息を入れます。 

再読:06/10/16
再読:09/5/7
評価:☆☆☆☆


では今年アップされた感想のなかから、今回もひとつだけご紹介。

TB>本棚のある生活 :秋の花/北村薫


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/339-15221450

1件のトラックバック

[T63] 秋の花/北村薫

秋の花の第三弾。このシリーズは僕の中で連作短編しかないと思ってたので(これは加納朋子さんの影響かも。←時代的には逆だけど)、まずそこが以外でした。確かに"人の死"というものをこの作風で扱うには50ページの短編では少なすぎる、というのは分かってましたが

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。