Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/322-4890121a

-件のトラックバック

-件のコメント

[C46] 初めまして。

日本ブログ村から飛んできました。
僕にとっても、これを読まなかったら今のようにクイーンにはまることも、海外古典ミステリにはまることもなかったわけで、自分にとって非常に思い入れのある作品です。

[C47] いらっしゃい

コメントありがとうございます!
この道に入ったきっかけとなった一冊は、やはり自分の中で特別なものになりますよね。
最近は古典から離れているのですが、クイーンばかりは、特に「九尾の猫」は頻繁に再読します。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

九尾の猫/エラリイ・クイーン

読むのは何度目になるだろう。ミッシングリンクテーマの傑作!

九尾の猫九尾の猫
エラリイ・クイーン 大庭 忠男

早川書房 1978-07
売り上げランキング : 216554
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

クイーンファンの中では微妙な位置づけの作品になるのでしょうが、これがなければ、ぼくは今ほどミステリにのめり込まなかった可能性があります。
ここからクイーンに入って、欧米黄金時代に進んで、国内ものにも手を伸ばすようになったわけで。
ぼくの中で特別に特別な作品なので今回、評価はなしということで。 (06/9/9読了=再読)


TB>たいりょうのちょっと一息 :『九尾の猫』
好評ですっ!!!

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/322-4890121a

0件のトラックバック

2件のコメント

[C46] 初めまして。

日本ブログ村から飛んできました。
僕にとっても、これを読まなかったら今のようにクイーンにはまることも、海外古典ミステリにはまることもなかったわけで、自分にとって非常に思い入れのある作品です。

[C47] いらっしゃい

コメントありがとうございます!
この道に入ったきっかけとなった一冊は、やはり自分の中で特別なものになりますよね。
最近は古典から離れているのですが、クイーンばかりは、特に「九尾の猫」は頻繁に再読します。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。