Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/321-b808be4c

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ジウIII/誉田哲也

「ジウ」シリーズの第3弾にして完結編。IIとは打って変わって派手派手な話です。

ジウ〈3〉新世界秩序ジウ〈3〉新世界秩序
誉田 哲也

中央公論新社 2006-08
売り上げランキング : 33463
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

全3巻を通じて、とっても読ませる小説でした。手を変え品を変え楽しませてくれて、見せ場も多いエンターテイメントの教科書のようなストーリーでした。
映像化してもそこそこ楽しめそうだし、既にその手の話が来ていてもおかしくない感じ。
「ジウ」の検索ワードでこのブログに来てくれる人も多いみたいだし、かなりファンを掴んでいるのは間違いないでしょう。
ただ、ぼく自身、基本的には面白く読んだものの、ちょっと気になる点がないわけでもありません。

前にも書いたように大事なヒロイン2人が相変わらずステロタイプな印象で、「物語の花」以上の役割を果たしていないような気がします。
それと、また視点の問題になりますが、三人称多元視点をとっているのはいいとして、たとえばAとBというキャラが同時に出てくるシーンがあったとして、あるときこれがAの視点から描かれていながら、別の場面ではBの視点になるというのが落ち着きません。
もちろん、それなりの効果を狙ってやってるんでしょう。でも、そんなふうにキャラも文章も何もかもが、とにかくプロットに奉仕するという方法論は、この手の作品では有効なのかもしれないけど、絵空事度が増して感情移入を妨げるので個人的には残念な印象です。

ところで。さんざん盛りあげておいて、あれ?っと思うくらいあっけない結末は、別に息切れしたわけではないですよね? なんだか思いきり肩透かしで残念。それと、なんとなく新シリーズを考えているような気がしました。 (06/9/6読了)

評価:☆☆☆★


TB>棒日記III Deeds are better than words :我ここにあり
読後感は、かなりぼくと近い感じです。


この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/321-b808be4c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。