Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/315-207cf54a

-件のトラックバック

-件のコメント

[C40] アラがないことはないけれど…

ノムラさん、こんにちはー。
この作品、アラを探せば探せるとは思うし、ノムラさんの書いてらっしゃることも分かるんですけど、それでも好きだったんですよー。妙に惹かれる作品というか何というか。
強いて言えば、私がTPRGを知っていれば、というのだけが残念でしたね。RPGなら大好きなんですけど、友人にTPRGの説明を何度されても、どうもピンと来なくって。(^^ゞ
  • 2006-08-23
  • 四季
  • URL
  • 編集

[C41] とてもよく解ります

四季さん、ども。
ぼくもまた、この作品に好感を持っているのは確かなんですよ。
その好感を持たざるを得ない何かこそ、著者が作品に込めたものなんだと思います。
TRPGは、ゲーム業界にいたこともあり、自分はやってなくても目の前で何度も見たことがあります。
そのささやかな経験からすると、知らなくてもこの作品の場合はあまり問題ないように感じました。
このへん、ゲームマスター経験者の感想も聞きたいところです。

モチーフに使われたクトゥルーのシナリオは結構有名ですよ。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

夏の死/斎藤肇

初期新本格の一人として長編デビューしながら、他の諸氏とはかなり毛色が違う著者の、自他共に認める(と思う)代表作。



夏の死夏の死
斎藤 肇

講談社 1991-08
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

事件関係者を一同に集めて、彼らのやり取りを通して次第に事件の真相と、彼らの内にいる犯人をあぶり出すという構成は他にも例があると思うのですが、そこにTRPGという素材を持ち込んだアイデアは、なかなかそそるものがあります。
ただ、当のTRPGのシナリオが面白くなければ白けるし、そのうえで事件の筋とリンクしていなければならないので、この方法はアイデア倒れに終わる危険度も高いと思うのですね。
実際、失敗ではないけど効果的に使われてはいないな、というのがぼくの正直な感想です。語りも終始冗漫で、もう少しテンポが欲しかった。

余談ですが、斎藤さんにはnifty-serveでたいへんお世話になりました。変わらずお元気でしょうか。 (06/8/22読了)

評価:☆☆☆


TB>そして今日も事件が起きる :夏の死 / 斎藤肇
謎を解く=記憶を鮮明にする、といったふうで、主人公の美作の心理描写が非常に繊細。それだけでなんだか切なくなれます。


●>Jordin Soleil :夏の死
探偵役は一応存在するものの、彼自身が「もしや自分が真利恵を殺したのでは」という恐れを抱いていることもあり、なかなか客観的に突き放させてくれないのです。


おふたりとも、感情移入に成功したようですね。
ぼくは、上にも書きましたが、どうにも展開の冗漫さに耐えられず、主人公心理に同調するほどの集中力を保てませんでした。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/315-207cf54a

0件のトラックバック

2件のコメント

[C40] アラがないことはないけれど…

ノムラさん、こんにちはー。
この作品、アラを探せば探せるとは思うし、ノムラさんの書いてらっしゃることも分かるんですけど、それでも好きだったんですよー。妙に惹かれる作品というか何というか。
強いて言えば、私がTPRGを知っていれば、というのだけが残念でしたね。RPGなら大好きなんですけど、友人にTPRGの説明を何度されても、どうもピンと来なくって。(^^ゞ
  • 2006-08-23
  • 四季
  • URL
  • 編集

[C41] とてもよく解ります

四季さん、ども。
ぼくもまた、この作品に好感を持っているのは確かなんですよ。
その好感を持たざるを得ない何かこそ、著者が作品に込めたものなんだと思います。
TRPGは、ゲーム業界にいたこともあり、自分はやってなくても目の前で何度も見たことがあります。
そのささやかな経験からすると、知らなくてもこの作品の場合はあまり問題ないように感じました。
このへん、ゲームマスター経験者の感想も聞きたいところです。

モチーフに使われたクトゥルーのシナリオは結構有名ですよ。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。