Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/288-87206ea5

-件のトラックバック

[T33] 「モーダルな事象」奥泉光

 [amazon] [bk1] ともっぺさんに、「四季さんのお好きな『鳥類学者のファンタジア』のフォギーが出てますよー!」と教えて頂いて、その後Bryumさんに...

-件のコメント

[C28]

ノムラさん、こんにちは。
買い取り本で読めるなんて役得ですね~。手放したくなくなる本が増えて大変だったりしませんか?(笑)
「モーダルな事象」は、途中で少しダレてしまったように感じられたのが残念だったんですけど、やっぱり奥泉さんらしい作品ですよね。

>ああ、今、小説を読んでいるなあ――という実感、それが強いという話。

すごく良く分かります。
だからこの文章が受け付けない人には、どこがいいのか全然分からないということになるのだけど。
「グランド・ミステリー」を最後に、ということは、「鳥類学者のファンタジア」は読んでらっしゃらないですか? 私は3冊しか奥泉作品を読んでないんですが、これがダントツで好きなんです。ノムラさんのお好きな「葦と百合」は、私には少し難しかったです…。
  • 2006-05-18
  • 四季
  • URL
  • 編集

[C29]

こんにちは。コメント&TBありがとうございます!

ぼくは『その言葉を』『葦と百合』『蛇を殺す夜』がベスト3です。
『鳥類学者のファンタジア』は未読なんですが、かみさんが好きなので本棚にはあります。
帯の惹句にちょっと腰が引けつつも、いつかは読もうという態勢でおります。

『モーダルな事象』は前半がいいですね。確かに途中…というか後半はテンション落ちた気がしました。

この本、続けてかみさんが読む予定ですが、本文でも書いたように既に本にダメージが出始めているので、手放すにも売価に影響が出るのは必至です…。(^-^;
  • 2006-05-18
  • b.k.ノムラ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

モーダルな事象/奥泉光

『グランド・ミステリー』を最後に、奥泉の新刊は読まなくなっていたのだが、これは発売当初から興味があったので、買取本に入っていたのを良い機会と読んでみることにした。

モーダルな事象モーダルな事象
奥泉 光

文藝春秋 2005-07-10
売り上げランキング : 4,027
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容は、

Ciel Bleu :「モーダルな事象」奥泉光
物語は2つの視点から交互に描かれていて、その一方が助教授・桑幸。こちらが伝奇部門。そしてもう一方はジャズ・シンガーのアキとその元夫・諸橋倫敦という元夫婦(めおと)探偵。こちらはミステリ部門。


というように、伝奇小説とミステリを融合させた奥泉らしい構成。双方の軌跡が交わっているようで交わってないのも、やっぱり奥泉らしく不安感を煽っていい感じだ。

この人の作品を読むと、いつも思うことではあるのだけれど、読後感より読んでいる最中の満足度が高い。
別に読後感は今イチといっているわけではなくて。
ああ、今、小説を読んでいるなあ――という実感、それが強いという話。
うまいものを飲み食いしているときに、舌鼓を打つ、という表現を使うが、まさにそれだ。

試行錯誤 :[読書感想] 『モーダルな事象』 奥泉光
とにかく文章が饒舌で濃密で、そのくせ読みにくいなんてことは決してなくて、「小説を読む楽しみはまず文章を楽しむことだ」という言葉がとても相応しいと感じた。


こういうことでありましょう!

それと今回は珍しく謎のほとんどが理に落ちており、過去の諸作よりは、一般の読者に受け容れられやすいんじゃないかな。と思いました。
巻末著者インタビューの自作改題も読みどころ。

それはそうと、文春のミステリ・マスターズのタイトルを読むのはこれが初めてなんだけど、本がダメージ受けやすくて困りますね。実はこれも、発売してすぐに買おうと思ったんだけど、書店に並んでいる本からして、もう汚れたり擦れたりしてるんだもんな。 (06/5/13読了)

評者:b.k.ノムラ
評価:☆☆☆☆
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/288-87206ea5

1件のトラックバック

[T33] 「モーダルな事象」奥泉光

 [amazon] [bk1] ともっぺさんに、「四季さんのお好きな『鳥類学者のファンタジア』のフォギーが出てますよー!」と教えて頂いて、その後Bryumさんに...

2件のコメント

[C28]

ノムラさん、こんにちは。
買い取り本で読めるなんて役得ですね~。手放したくなくなる本が増えて大変だったりしませんか?(笑)
「モーダルな事象」は、途中で少しダレてしまったように感じられたのが残念だったんですけど、やっぱり奥泉さんらしい作品ですよね。

>ああ、今、小説を読んでいるなあ――という実感、それが強いという話。

すごく良く分かります。
だからこの文章が受け付けない人には、どこがいいのか全然分からないということになるのだけど。
「グランド・ミステリー」を最後に、ということは、「鳥類学者のファンタジア」は読んでらっしゃらないですか? 私は3冊しか奥泉作品を読んでないんですが、これがダントツで好きなんです。ノムラさんのお好きな「葦と百合」は、私には少し難しかったです…。
  • 2006-05-18
  • 四季
  • URL
  • 編集

[C29]

こんにちは。コメント&TBありがとうございます!

ぼくは『その言葉を』『葦と百合』『蛇を殺す夜』がベスト3です。
『鳥類学者のファンタジア』は未読なんですが、かみさんが好きなので本棚にはあります。
帯の惹句にちょっと腰が引けつつも、いつかは読もうという態勢でおります。

『モーダルな事象』は前半がいいですね。確かに途中…というか後半はテンション落ちた気がしました。

この本、続けてかみさんが読む予定ですが、本文でも書いたように既に本にダメージが出始めているので、手放すにも売価に影響が出るのは必至です…。(^-^;
  • 2006-05-18
  • b.k.ノムラ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。