Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/277-ade2b488

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ホラー映画の魅力/小中千昭

映像作家で、最近は小説も書いているらしい著者によるホラー映画論。

ホラー映画の魅力―ファンダメンタル・ホラー宣言ホラー映画の魅力―ファンダメンタル・ホラー宣言
小中 千昭

岩波書店 2003-09-06
売り上げランキング : 206,836
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

サブタイトルに「ファンダメンタル・ホラー宣言」とあるが、これは「本当に怖い映画」を指す。
ホラー映画って怖い映画のことじゃないの?と突っ込む向きはあるだろうが、ホラーを名乗っている映画の中に、本当に怖い映画は実はあまりない。お化け屋敷的な驚きや嫌悪感を誘う映像が、観客には恐怖として記憶されているだけ。そこで「本当に怖い」となるわけだ。
自伝的要素もあるので、小中千昭本人に興味のある人にも楽しめるかも。巻末には高橋洋、清水崇との対談もある。

余談だけど。
10年くらい前になるか。ご本人は覚えてはいないだろうが、小中氏とネットを通じてやり取りする機会を得、『戦慄のムー体験』(94)のビデオをいただいたことがある。そのビデオ、まだ大事に持っていますと言いたいところだが、貸した友人とともに消息不明となってしまった。 (06/3/28読了)

評者:b.k.ノムラ
評価:☆☆☆
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/277-ade2b488

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。