Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/273-5f1a7ce6

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ジウ/誉田哲也

ふたりの女警察官を主人公に据えた警察小説+α。
ヒロインには両極端な性格を持たせて対置させており、ダブルヒロインものとしてはよくあるタイプかもしれない。

ジウ―警視庁特殊犯捜査係ジウ―警視庁特殊犯捜査係
誉田 哲也

中央公論新社 2005-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

それぞれのキャラを立たせるためのエピソード、パートナーの配置は、良くも悪くも教科書どおり。安心して読むことができる代わりに、ふたりともにちょっとステロタイプな印象はまぬがれ得ない。
それから、あまりにヒロインに注意がいきすぎて、バイプレイヤーの描き込みが甘い。登場人物が多いこともあって、かなり未整理な印象を受ける。
未整理といえばプロットもそう。もう少し、メリハリとテンポの良さが欲しかった。

冒頭の+αの部分、タイトルにもなっている犯罪者ジウを今後どう描くかがシリーズのポイント。逢坂剛や高村薫とはまだ比較しちゃいけないが、ひとまず続編に期待したい。 (06/3/3読了)

評者 b.k.ノムラ
評価 ☆☆☆★
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/273-5f1a7ce6

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。