Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/260-45c0cd11

-件のトラックバック

[T108] 「功名が辻」 司馬遼太郎 文春文庫全4巻

信長、秀吉、家康と三人の主君に仕え、50石の武士という境遇から、24万石を抱える大名へと立身していく山内伊右衛門(後の土佐藩主山内一豊)と妻千代の物語。内助の功の妻千代が有名だが、一豊は無能に近いが、人間的な魅力はあったらしい。たった数人の

-件のコメント

[C15] ありがとうございます

ごあいさつが遅くなりました。
僕のブログへのリンク&TB、どうもありがとうございます。

杉田かおるは、三原じゅん子のやっている役だったそうですよ。

[C16]

こちらこそ、わざわざお運びありがとうございます。
なるほど、いと役ですか。
確か原作にはなかったような…。
なんだかんだでドラマ、見続けています。

[C78] 一豊が

けっこう魅力的に描かれていたと私は思いました。

[C79] 大河とくらべて

功成り名を遂げて増長するあたりも人間臭かったですね。
そういえば大河ドラマをたまに見ていたんですが、あの一豊は原作とかなりイメージが違ったなあ。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

功名が辻(全4)/司馬遼太郎

本年最初の読了本。年をまたぎ、年初は1巻の後半から読み始めて2日に全4巻を読了した。

功名が辻〈1〉功名が辻〈1〉
司馬 遼太郎

文藝春秋 2005-02
売り上げランキング : 1,610
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今年の大河ドラマだそうだ。
御多分に漏れず、ぼくも「山内一豊の妻」というフレーズと、その夫・一豊のためにヘソクリで馬を買ってやったエピソードくらいしか知らない。
あと、幕末維新史が好きなので、一豊が土佐の鯨飲侯のご先祖だってことくらいか。

なので、読み始めこそ期待に胸膨らませていたのだが、フタを開けてみると物語の大半が、信長、秀吉、家康が活躍した戦国時代の著名エピソードから成っているので(仕方ない部分もあるけど)、主人公夫婦の魅力がそれに負けてしまい、歴史物語としても伝記としても今イチのものになってしまっている。

おそらく最も創作のウェイトの高い、最も自由度高く動かせる六平太、小りんが、いつしか存在意義を失っているのも構想の失敗を思わせるし、これはいつものことだが作者・司馬遼がちょこちょこ顔を出すのも鬱陶しく、総合的に見てあまり良い点をあげられない。

ところで降板した杉田かおるは何役だったの? (05/1/2読了)

TB>歴史パロディのblog
「功名が辻」関連のリンク集です。

評者:b.k.ノムラ
評価:☆☆☆
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/260-45c0cd11

1件のトラックバック

[T108] 「功名が辻」 司馬遼太郎 文春文庫全4巻

信長、秀吉、家康と三人の主君に仕え、50石の武士という境遇から、24万石を抱える大名へと立身していく山内伊右衛門(後の土佐藩主山内一豊)と妻千代の物語。内助の功の妻千代が有名だが、一豊は無能に近いが、人間的な魅力はあったらしい。たった数人の

4件のコメント

[C15] ありがとうございます

ごあいさつが遅くなりました。
僕のブログへのリンク&TB、どうもありがとうございます。

杉田かおるは、三原じゅん子のやっている役だったそうですよ。

[C16]

こちらこそ、わざわざお運びありがとうございます。
なるほど、いと役ですか。
確か原作にはなかったような…。
なんだかんだでドラマ、見続けています。

[C78] 一豊が

けっこう魅力的に描かれていたと私は思いました。

[C79] 大河とくらべて

功成り名を遂げて増長するあたりも人間臭かったですね。
そういえば大河ドラマをたまに見ていたんですが、あの一豊は原作とかなりイメージが違ったなあ。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。