Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/256-e1629694

-件のトラックバック

[T23] 容疑者Xの献身 東野圭吾

容疑者Xの献身東野 圭吾 文藝春秋 2005-08-25by G-Toolsネタバレあり!でもラストだけは言わない!高校の数学教師・石神は、隣人・靖子に思いをよせています。毎日彼女の顔を見に、彼女の働くお弁当屋さんに、弁当を買いに行くのが日課です。ある夜、石神は、靖子と娘の美

[T26] こんな純愛があったのか!?東野圭吾原作「容疑者Xの献身」

最近の東野圭吾さんの著作には、少し不満でした。作品全体が小粒になっているというか。しかし、この「容疑者Xの献身」は、面白く昨日の晩、一気に読みました。容疑者Xの献身東野 圭吾注)購入を検討の方は画像をクリックしてください。理系人間らしく東野圭吾さんの作品は

[T27] 容疑者Xの献身/東野圭吾

物理学者湯川学シリーズの最新作。数学教師の石神は隣室に住む母子の犯した殺人を知り、隠蔽工作を行う。警察や大学時代の盟友、湯川の追及から逃れ、犯罪を隠し通し母子を守りきることができるのか。作家さんが自薦されるだけあって、非常に完成度の高い

[T29] 容疑者Xの献身

容疑者Xの献身東野 圭吾 文藝春秋 2005-08-25by G-Tools 昨

[T30] 第134回芥川賞直木賞受賞作品と候補作品

第134回芥川賞・直木賞の受賞作品が決まりました。芥川賞は絲山秋子さんの「沖で待つ」(文学界9月号)、直木賞は東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」です。 絲山秋子さんは、「イッツ・オンリー・トーク」で第96回(平成15年)文学界新人賞を受賞、「袋小路の....

[T31] 東野圭吾【容疑者Xの献身】

遅ればせながら読みました。直木賞受賞作。どうも私は一人の作家だけを集中して読むということができない性分で、東野圭吾も昨年の夏に【時生】を読んだきりでした。根が欲張りなので、「あの作家を読まねば」「この作家も読みたい」と気持ちが分散してしまうので....

[T32] 「容疑者Xの献身」

東野圭吾の「容疑者Xの献身」を読みました。読んでしまいました。一気に。 言わずと知れた直木賞受賞作。もちろん東野作品であり、あの「ガリレオ」シリーズであり、それ以前からずっと読みたいとは思っていたので

[T92] 「容疑者Xの献身」東野圭吾著、読んでみました。

   「容疑者Xの献身」東野圭吾著、読んでみました。「東野圭吾」著、10作目。図書館で随分前に予約したのがようやく順番になりました。「直木賞受賞作」だったんですね。本の帯は的外れで売る為に煽情的なのが多いんだけど「運命の数式。命がけの純愛が生

[T106] 容疑者Xの献身

東野作品は20作くらい読みましたけど、自分にはこれが最高傑作です。若干突っ込み所はありつつも見事な叙述トリック、そして石神の純粋すぎる愛と湯川の優しさを描いたストーリー、どちらも大満足でした。結末は賛否両論ですけど、自分はこれでよかったと思います。最後の石

-件のコメント

[C13] はじめまして

TBさせていただきました。
自分は東野さん好きなんで、この作品が直木賞を受賞できるかかなり気になってます。

[C14]

はじめまして。
こちらからもTBを返したんですが、なぜか反映されてないですね。
直木賞ですが、今回の候補は常連揃いなので誰が獲っても恨みっこなしという気はします。
でも、やはり自分の支持している作家作品が獲ってほしいですよね。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

容疑者Xの献身/東野圭吾

他を圧倒する絶対的な力を持ったスターが各界で輩出、歴史に残る記録が多数生まれたのが今年の傾向だったように思う。
朝青龍、ディープインパクト(最後はコケたけど)、宮里藍、小泉純一郎、浅田真央もそうかもしれない。
ミステリシーンでも同様に、年間ベストはこの「容疑者Xの献身」がほとんどタイトルを独占するといった状況になっている。

ガリレオシリーズとかいうらしい連作の初長編ということは、「このミス」の受賞コメントを読んで初めて知った。
が、まあ、他のは読まないでも大丈夫だという声もあるし、いきなりこれを読んでみることにした。

容疑者Xの献身容疑者Xの献身
東野 圭吾

文藝春秋 2005-08-25
売り上げランキング : 262
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


面白かった。
なるほど評判どおりだ。泣けるといえば泣けるし、ミステリとしても創意もかなり優れたものだと思う。
「白夜行」のほうが私的にかなり上を行くが、これを東野圭吾の最高傑作とする意見があっても、全然不思議ではない(と談じきれるほど東野作品は読んでないが)。

ただ、この作品が朝青龍なみの圧倒的な力を有しているかというと、それには首を捻らざるを得ない。
第一に、シリーズ主人公であるところの湯川のキャラクターが立っていないように思う。
必要以上にエキセントリックに描く必要はないけど、なんかシリーズを背負って立つには物足りない印象。もうちょっとそのへんに枚数を費やしてもらえたら良かったんだけど、本書はある点に気づいたら(読者に気づかれたら)終わりの一発ネタなので、ボリュームはこれくらいが適当と言われたらその通りかもしれない。

それから、これもキャラクターと関係してくるんだけど、天才同士の対決といった体裁をとりながら、ふたりの天才ぶりが際だってない。もう少し知的闘争部分を描き込んでもらえたらなあ。やはり、真相が単純なだけに、描きようにも描けなかったんだろうけど。

この作品をめぐっては、二階堂黎人が自サイト 二階堂黎人の黒犬黒猫館 の日記に、本格ミステリに関する持論まじえて感想をアップしたことから、同掲示板では議論にまで発展している。まあ、それは景気よくやっていただくとして、氏が指摘している真相は興味深いものだった。なるほど、そう読んでもいいし、確かに東野らしくもある。 

TB>Gotaku*Log
TB>IN MY BOOK by ゆうき
参考にさせていただきました。皆さん、絶賛ですね!

読了:05/12/23
再読:09/4/13
評価:☆☆☆☆

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/256-e1629694

9件のトラックバック

[T23] 容疑者Xの献身 東野圭吾

容疑者Xの献身東野 圭吾 文藝春秋 2005-08-25by G-Toolsネタバレあり!でもラストだけは言わない!高校の数学教師・石神は、隣人・靖子に思いをよせています。毎日彼女の顔を見に、彼女の働くお弁当屋さんに、弁当を買いに行くのが日課です。ある夜、石神は、靖子と娘の美

[T26] こんな純愛があったのか!?東野圭吾原作「容疑者Xの献身」

最近の東野圭吾さんの著作には、少し不満でした。作品全体が小粒になっているというか。しかし、この「容疑者Xの献身」は、面白く昨日の晩、一気に読みました。容疑者Xの献身東野 圭吾注)購入を検討の方は画像をクリックしてください。理系人間らしく東野圭吾さんの作品は

[T27] 容疑者Xの献身/東野圭吾

物理学者湯川学シリーズの最新作。数学教師の石神は隣室に住む母子の犯した殺人を知り、隠蔽工作を行う。警察や大学時代の盟友、湯川の追及から逃れ、犯罪を隠し通し母子を守りきることができるのか。作家さんが自薦されるだけあって、非常に完成度の高い

[T29] 容疑者Xの献身

容疑者Xの献身東野 圭吾 文藝春秋 2005-08-25by G-Tools 昨

[T30] 第134回芥川賞直木賞受賞作品と候補作品

第134回芥川賞・直木賞の受賞作品が決まりました。芥川賞は絲山秋子さんの「沖で待つ」(文学界9月号)、直木賞は東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」です。 絲山秋子さんは、「イッツ・オンリー・トーク」で第96回(平成15年)文学界新人賞を受賞、「袋小路の....

[T31] 東野圭吾【容疑者Xの献身】

遅ればせながら読みました。直木賞受賞作。どうも私は一人の作家だけを集中して読むということができない性分で、東野圭吾も昨年の夏に【時生】を読んだきりでした。根が欲張りなので、「あの作家を読まねば」「この作家も読みたい」と気持ちが分散してしまうので....

[T32] 「容疑者Xの献身」

東野圭吾の「容疑者Xの献身」を読みました。読んでしまいました。一気に。 言わずと知れた直木賞受賞作。もちろん東野作品であり、あの「ガリレオ」シリーズであり、それ以前からずっと読みたいとは思っていたので

[T92] 「容疑者Xの献身」東野圭吾著、読んでみました。

   「容疑者Xの献身」東野圭吾著、読んでみました。「東野圭吾」著、10作目。図書館で随分前に予約したのがようやく順番になりました。「直木賞受賞作」だったんですね。本の帯は的外れで売る為に煽情的なのが多いんだけど「運命の数式。命がけの純愛が生

[T106] 容疑者Xの献身

東野作品は20作くらい読みましたけど、自分にはこれが最高傑作です。若干突っ込み所はありつつも見事な叙述トリック、そして石神の純粋すぎる愛と湯川の優しさを描いたストーリー、どちらも大満足でした。結末は賛否両論ですけど、自分はこれでよかったと思います。最後の石

2件のコメント

[C13] はじめまして

TBさせていただきました。
自分は東野さん好きなんで、この作品が直木賞を受賞できるかかなり気になってます。

[C14]

はじめまして。
こちらからもTBを返したんですが、なぜか反映されてないですね。
直木賞ですが、今回の候補は常連揃いなので誰が獲っても恨みっこなしという気はします。
でも、やはり自分の支持している作家作品が獲ってほしいですよね。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。