Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/239-2be1f8f4

-件のトラックバック

[T19] 女王様と私

女王様と私 歌野晶午角川書店/1600円(税別)詳細を見る わざわざ発売当日に買ったのに( 過去ログ 参照)、しばらく積ん読状態になっていてやっと最近読み終えました。 タイトルからはこの「私」ってもしかして マゾ男?か と思った人、いたんじゃないでしょうか。 内

[T164] 歌野晶午「女王様と私」

「だから最初にゆったんだぉ、どこでもいいって  だってぇ、絵夢が何ゆおうとぉ、  おにぃちゃんが行きたくないところにゎ連れてってもらえなぃんだもン、いっつも  おにぃちゃんのばか」  ぼくの胸元をつっつき、絵夢は いーっと顔をしかめる 愛する妹と夢の

-件のコメント

[C7] 女王様と私

はじめまして。ブログ村の新着記事からきました。
私もこの小説はいまいちだと思ったのですが、自分の周りではけっこう評判が良かったりして、色々と複雑な気分です。社会ネタとメタ構造の組み合わせはここまでくると安易という印象がありますね。
それと、「京大グループと同じラインに」というのは確かにおっしゃる通りだと思いました。

[C8]

はじめまして。コメントありがとうございます。
サイトに伺って、Tさんの感想も拝見しました。
「事件それ自体に興味が沸かず」というくだりに納得です。
正に構造的にそれは致命傷ですよね。

[C118]

こんにちは~ けっこう先が読めそうながら、こんな話は好きなので楽しめました
歌野さんは桜葉しか読んだ事がないんで前の作品はわからないんですが、けっこう違うんですね きっと

[C119]

こんにちは。コメントありがとうございます!
歌野はある時期から、かなり作風が変わったような気がします。
以前に比べて小説も巧くなったように思います。
ただ、器用にやり過ぎな感じで。ちょっと物足りなさを覚えます。
  • 2007-10-22
  • b.k.ノムラ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

女王様と私/歌野晶午

4048736280女王様と私
歌野 晶午

角川書店 2005-08-31
売り上げランキング : 1,891
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「葉桜~」で味を占めたな、といった印象。正面きったパズラーより、叙述ネタやメタ・ミステリのほうが、手慣れれば低コストで済みそうではあるし。
それにしても、読後の満足感の欠如はどうしたことか。美味で身体にいいものしか食しませんという気はないが、イカモノならせめて眉をしかめたくなるほど不味いとか、胃にもたれるとか、その程度の力は欲しかった。
しかし、島田荘司のエピゴーネンにさえなれなかったとしても、それなりに好感を持っていた初期の歌野とはすっかり別の作家になってしまったな。同時期にデビューした京大グループと同じラインに、遅ればせながら乗っかった感じだ。 (05/10/26読了)

TB>kohnoike's blog
TB>本読みの日常
ぼくと比較的近い読後感をお持ちのようです。

TB>アルカリブログ
TB>ミステリー三昧(ネタバレ感想)
お二人は高評価のようです。

評者 b.k.ノムラ
評価 ☆☆☆
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/239-2be1f8f4

2件のトラックバック

[T19] 女王様と私

女王様と私 歌野晶午角川書店/1600円(税別)詳細を見る わざわざ発売当日に買ったのに( 過去ログ 参照)、しばらく積ん読状態になっていてやっと最近読み終えました。 タイトルからはこの「私」ってもしかして マゾ男?か と思った人、いたんじゃないでしょうか。 内

[T164] 歌野晶午「女王様と私」

「だから最初にゆったんだぉ、どこでもいいって  だってぇ、絵夢が何ゆおうとぉ、  おにぃちゃんが行きたくないところにゎ連れてってもらえなぃんだもン、いっつも  おにぃちゃんのばか」  ぼくの胸元をつっつき、絵夢は いーっと顔をしかめる 愛する妹と夢の

4件のコメント

[C7] 女王様と私

はじめまして。ブログ村の新着記事からきました。
私もこの小説はいまいちだと思ったのですが、自分の周りではけっこう評判が良かったりして、色々と複雑な気分です。社会ネタとメタ構造の組み合わせはここまでくると安易という印象がありますね。
それと、「京大グループと同じラインに」というのは確かにおっしゃる通りだと思いました。

[C8]

はじめまして。コメントありがとうございます。
サイトに伺って、Tさんの感想も拝見しました。
「事件それ自体に興味が沸かず」というくだりに納得です。
正に構造的にそれは致命傷ですよね。

[C118]

こんにちは~ けっこう先が読めそうながら、こんな話は好きなので楽しめました
歌野さんは桜葉しか読んだ事がないんで前の作品はわからないんですが、けっこう違うんですね きっと

[C119]

こんにちは。コメントありがとうございます!
歌野はある時期から、かなり作風が変わったような気がします。
以前に比べて小説も巧くなったように思います。
ただ、器用にやり過ぎな感じで。ちょっと物足りなさを覚えます。
  • 2007-10-22
  • b.k.ノムラ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。