Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/211-5aa0b7db

-件のトラックバック

[T90] 奥泉光について

奥泉光奥泉光(おくいずみひかる、1956年2月6日 - )は、日本文学の小説家。本名 奥泉康弘(やすひろ)。山形県東田川郡三川町出身。埼玉県立川越高等学校、国際基督教大学 (ICU) 教養学部人文科学科卒。同大学院修士課程修了。当初は研究者を目指す(博士課程中退)。1986

-件のコメント

[C1]

楽しく拝見しました。私のブログでも奥泉光を取り上げているので、是非、遊びに来て下さい。

[C2]

コメントありがとうございます。
うかがいます!

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

葦と百合/奥泉光

408747044X葦と百合
奥泉 光

集英社 1999-04
売り上げランキング : 105,292
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


伝奇色の強いミステリ。でも、奥泉なのでそれ以上にメタの色合いが濃く、ラストは例によって藪の中。
振り返ればこの本を最初に読んだのは主人公と同じ35才前後の頃(今回は再読)。
なんか年齢のわりに老けてる連中だなあと思ったものだが、数年を経てもなお、その印象に変わりはなかった。
まあ、ぼくが年相応に練れてないってこともあるのか解らないけど。
ちなみにこの作品、「その言葉を」と並ぶ、マイ・ベスト・奥泉。 (05/8/2)

評者 b.k.ノムラ
評価 ☆☆☆☆

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/211-5aa0b7db

1件のトラックバック

[T90] 奥泉光について

奥泉光奥泉光(おくいずみひかる、1956年2月6日 - )は、日本文学の小説家。本名 奥泉康弘(やすひろ)。山形県東田川郡三川町出身。埼玉県立川越高等学校、国際基督教大学 (ICU) 教養学部人文科学科卒。同大学院修士課程修了。当初は研究者を目指す(博士課程中退)。1986

2件のコメント

[C1]

楽しく拝見しました。私のブログでも奥泉光を取り上げているので、是非、遊びに来て下さい。

[C2]

コメントありがとうございます。
うかがいます!

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。