Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/102-f2525052

-件のトラックバック

[T88] 高木彬光について

高木彬光高木 彬光(たかぎ あきみつ、1920年9月25日 - 1995年9月9日)は日本の推理小説作家。戦後の本格推理小説界の巨匠。本名は高木 誠一。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- Histo

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

呪縛の家/高木彬光

4334720803呪縛の家―神津恭介シリーズ
高木 彬光

光文社 1995-07
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


神津恭介シリーズ。『刺青殺人事件』、『能面殺人事件』に続く長編第三作。筆の若さが悪いほうに出ているのは仕方ないとして目を瞑れても、作風の古さはいかんともしがたく、今さら読むのは少々辛かった。
密室トリックは悪くなく、犯人像も魅力的、新興宗教を扱ったテーマも興味をそそるが、作品として見たときの完成度が低い。これまで読んだ高木作品の中では、かなり下のほう。 (03/1/9読了)

評者 b.k.ノムラ
評価 ☆☆☆
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://kuronekotei.blog17.fc2.com/tb.php/102-f2525052

1件のトラックバック

[T88] 高木彬光について

高木彬光高木 彬光(たかぎ あきみつ、1920年9月25日 - 1995年9月9日)は日本の推理小説作家。戦後の本格推理小説界の巨匠。本名は高木 誠一。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- Histo

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。