Entries

スポンサーサイト

月光ゲーム/有栖川有栖

有栖川有栖の長編デビュー作にして江神シリーズ第1作。月光ゲーム―Yの悲劇’88 (創元推理文庫)有栖川 有栖 東京創元社 1994-07売り上げランキング : 37743おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Toolsシリーズ通して言えることだけど、論理性を重視した作風で、講談社系の初期新本格と一線を画しています。個人的にひじょうに好みの作風なんですが、動機だけがダメ。とにかくダメ。初読のときもそうだったけど、再読してもその感...

双頭の悪魔/有栖川有栖

江神シリーズ第3作。『孤島パズル』に続いての再読。前作、前々作と同様、クローズド・サークル(いわゆる「嵐の山荘」)テーマながら、閉鎖された空間の外側でも殺人事件が起き、それぞれ内側はマリア、外側はアリスの視点で語られます。双頭の悪魔 (創元推理文庫)有栖川 有栖 東京創元社 1999-04売り上げランキング : 6611おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Toolsメイントリックは比較的ポピュラーなものなんで、途中で真...

孤島パズル/有栖川有栖

江神シリーズ(昔は"学生有栖もの"と言ってましたが、今はこう呼ぶみたいですね)の第2作。超お久しぶりの最新第4作『女王国の城』が9月刊行というので、予習の意味で再読しました。孤島パズル (創元推理文庫―現代日本推理小説叢書)有栖川 有栖 東京創元社 1996-08売り上げランキング : 34612おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Toolsトリックが記憶に残っていた印象より小粒な感じがしましたが、その料理法が巧みで、今回...

リオ/今野敏

『隠蔽捜査』とその続編『果断』が良かったので、同じ警察ものということで手に取りました。以前は幻冬舎から単行本、文庫が出ていたようですが、今年、新潮文庫に移籍したみたい。リオ今野 敏 幻冬舎 1999-11売り上げランキング : 745872おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools正直、驚くくらい期待はずれだった。端的に言ってしまうと2時間ドラマのノベライズ。よって筋は推して知るべし。それと、こちらがより問題なん...

ワルボロ/ゲッツ板谷

ゲッツ板谷の自伝的(?)青春小説。9/8には劇場映画(主演/松田翔太、新垣結衣 監督/隅田靖)も公開になる、旬のタイトルです。「恋・友情・喧嘩」が青春ものの3大キイワードですが、そのいずれの要素もきっちりたっぷりバッチリ描かれてますんで。とにかくアツい青春小説です。ワルボロ (幻冬舎文庫 け 2-1)ゲッツ板谷 幻冬舎 2007-07売り上げランキング : 22734おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools●幻冬舎ホームペー...

小春日の雪女/小笠原京

旗本絵師藤村新三郎シリーズの第4作(小学館文庫では3冊目)。捕物帳スタイルの連作で、今回も元禄の江戸を舞台に、お馴染みの面々がお馴染みの活躍をします。文庫書き下ろし。小春日の雪女―旗本絵師描留め帳〈その3〉小笠原 京 小学館 2000-10売り上げランキング : 467091Amazonで詳しく見る by G-Toolsこのシリーズは現在6冊でていますが、これだけ読み残してました。新刊でも古書でも見つけづらいタイトルですからね。面白...

楽園(上下)/宮部みゆき

"マイベスト宮部作品"でもある『模倣犯』からのスピンオフ。同作から9年後の物語ですが、事件の後日譚ではなく、今なお当時の記憶から逃れられないフリーライター・前畑滋子の後日譚になります。いつものように簡単に読後感だけ記すつもりだったんだけど、どうしても一点、納得のいかないところがあるので、今回はそこに特化したレビューになります。ネタバレするので、該当部分を「追記」にして隠しますが、RSSリーダーや検索だ...

鹿男あをによし/万城目学

『鴨川ホルモー』に次ぐ、三都シリーズの第2弾…といっていいのか解らないけど、前作の京都に続いて今回は奈良が舞台。そして奈良といえば鹿と大仏。このうち前者が大きなカギを握ります。鹿男あをによし万城目 学 幻冬舎 2007-04売り上げランキング : 2555おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools●されど偽りの日々 :鴨川ホルモー/万城目学「夜は短し」がこの世界とは微妙に異なるアナザーワールドを舞台にした普通?のラ...

孔雀狂想曲/北森鴻

下北沢にある骨董屋<雅蘭堂>主人・越名集治が、骨董品にまつわる謎に挑む連作ミステリ。ファースト・インプレッションは<香菜里屋>シリーズの骨董屋版。孔雀狂想曲 (集英社文庫)北森 鴻 集英社 2005-01売り上げランキング : 97726おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools面白くないわけじゃない。でも、謎もプロットも小粒な印象があって。軽く読むにはいいんだけど、ぼくにとってはそこ止まりですね。肝心の主人公・越...

果断―隠蔽捜査2/今野敏

家族の不祥事で所轄署長に左遷されたキャリア警察官の竜崎が、相変わらず徹底した合理主義者ぶりを見せるシリーズ第2作。警察ものというより、ヒーローものになりつつありますね。果断―隠蔽捜査2今野 敏 新潮社 2007-04売り上げランキング : 21848おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools折しも愛知県長久手町の立てこもり事件が発生、おそらくはセールス上比較して語られることが多く、「組織のしがらみに苦しみながらも、...

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。