Entries

スポンサーサイト

女囮捜査官(2)視覚/山田正紀

『女囮捜査官』シリーズ第2作。今回はバラバラですよ。女囮捜査官〈2〉視覚山田 正紀 幻冬舎 1998-06売り上げランキング : 774659おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools●内容(「BOOK」データベースより)首都高速5号線上りの大惨事で、三十代後半の白髪の男が倒れていた。傍らには女の右足だけが…。その男と女の右足は救急車で運ばれたが、車内に血痕を残して救急隊員たちとともに消失―数時間後、首都高の各所で女の左腕...

女囮捜査官(1)触覚/山田正紀

『女囮捜査官』シリーズ第1作。解説を書いている法月綸太郎はかなり煽りすぎと思うけど、面白いのは確か。この1巻を読んでピンと来た人は、2巻以降読み進めたがいいでしょう。女囮捜査官〈1〉触覚―五感推理シリーズ山田 正紀 幻冬舎 1998-02売り上げランキング : 713403おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools●内容(「BOOK」データベースより)同じタイプの若い娘三人は絞殺されたばかりか、二人はミニスカートを剥ぎ取...

「GW特別セール」開催

黒猫亭では以下の期間、GW特別セールを開催いたします。 セール期間:4/20(金)~4/30(月祝) 上記期間中、計1000円以上お買いあげのお客様には、冊数・重量に関わらず、送料無料とさせていただきます。GWの旅のお供をお探しの皆様には、ふるってご利用下さい。詳細は、黒猫亭サイトにてご確認下さい!...

噂/荻原浩

『明日の記憶』があまりにも有名な著者による、え~と……やっぱりサイコ・サスペンスですかね。噂荻原 浩 新潮社 2006-02売り上げランキング : 56907おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools●内容(「BOOK」データベースより)「レインマンが出没して、女のコの足首を切っちゃうんだ。でもね、ミリエルをつけてると狙われないんだって」。香水の新ブランドを売り出すため、渋谷でモニターの女子高生がスカウトされた。口コミ...

帝都衛星軌道/島田荘司

いわゆる誘拐ものの表題作前後編に、「ジャングルの虫たち」という一見しても二見しても本筋とは直接関係ない短編が挟み込まれた、異色の構成のミステリ。帝都衛星軌道島田 荘司 講談社 2006-05-26売り上げランキング : 128847おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Toolsいつもよりぶっとい帯に、作者自ら「正直言って、自信作です。」と謳ってあったりするけど、過去に読んだ島田作品と比較すると平均を下回る出来。また、作者...

2007本屋大賞(2)

直前の日記から続きます。去年も書きましたが、本屋大賞への意見と提言(?)。●黒猫の隠れ処 :本屋大賞結果を見ると従前の賞やベストセラーランキングと大差ないように思われ、出版界盛り上げ運動としては確かにアリだとしても、賞としての個性をあまり主張するには至っていないし、今のところ一本読みとしても魅力を感じられない。という感想は、残念ながら今年もあらたまることはありませんでした。なので、●黒猫の隠れ処 :本...

2007本屋大賞(1)

2007本屋大賞が4/5に発表になりました。結果は以下のとおり。1.『一瞬の風になれ』佐藤多佳子2.『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦3.『風が強く吹いている』三浦しをん4.『終末のフール』伊坂幸太郎5.『図書館戦争』有川浩6.『鴨川ホルモー』万城目学7.『ミーナの行進』小川洋子8.『陰日向に咲く』劇団ひとり9.『失われた町』三崎亜記10.『名もなき毒』宮部みゆき特にサプライズもなく。というより、2次進出=...

摩天楼の怪人/島田荘司

御手洗潔の若き日の活躍を描いた長編。1969年の出来事だし、舞台もアメリカなので、馴染みのある名前は御手洗のほかは出てきません。タイトルどおり「オペラ座の怪人」のパロディではあるんですけど、例によって都市論のほうがテーマとしての比重は高いかな。摩天楼の怪人島田 荘司 東京創元社 2005-10売り上げランキング : 151819おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools時計台の長針で首ちょんぱしたり、建物の窓ガラスが...

恐怖の研究/エラリイ・クイーン

再読です。切り裂きジャックものではありますけど、クイーンとホームズの(間接的)共演といった部分のほうがセールスポイントとしては上位ですね。恐怖の研究エラリイ・クイーン 大庭 忠男 早川書房 1976-11売り上げランキング : 495199おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Toolsホームズが登場するのは、ワトスン博士の未公開記録の部分。なので、作中作にパスティーシュを置いたパロディ、の体裁ですね。謎解きはそれほどサプ...

切り裂かれたミンクコート事件/ジェームズ・アンダースン

『血のついたエッグ・コージィ(血染めのエッグ・コージイ事件)』の続編。前作同様オールダリー荘を舞台に、殺人その他が起こります。切り裂かれたミンクコート事件ジェームズ アンダースン James Anderson 山本 俊子 扶桑社 2006-11売り上げランキング : 33924おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools10日くらい前に読了したのに、アップまで時間が空いてしまった。ちょいと仕事と花見で忙しかったもので。さらにその後、...

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。