Entries

スポンサーサイト

暗闇坂の人喰いの木/島田荘司

おそらく再々読くらいになると思われます。御手洗長編第4弾。暗闇坂の人喰いの木島田 荘司 講談社 1994-06売り上げランキング : 28268おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Toolsぼくらの世代では、発表を心待ちにしていた人が多いはず。で、読んでみたら「ん?」という人も多かったのではないかな。盛り沢山の内容に絶妙のストーリーテリング。傑作の名に恥じない作品と思います。でも『占星術殺人事件』『斜め屋敷の犯罪』で...

五番目のコード/D・M ディヴァイン

ディヴァインを読むのは『兄の殺人者』以来で計2冊目。五番目のコードD・M ディヴァイン D.M. Devine 野中 千恵子 ●Amazon.co.jp :商品の説明「八人がわたしの手にかかって死ぬだろう。」こう告白する殺人者。つぎつぎに起こる殺人。現場には葬儀社がだす棺の絵が描かれたカードが残され、棺には八つの取っ手の位置が書き込まれていた。カードの裏には番号が。…………いわゆるミッシングリンクものですね。容疑者が少なく、その範囲...

夏の死/斎藤肇

初期新本格の一人として長編デビューしながら、他の諸氏とはかなり毛色が違う著者の、自他共に認める(と思う)代表作。夏の死斎藤 肇 講談社 1991-08売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools事件関係者を一同に集めて、彼らのやり取りを通して次第に事件の真相と、彼らの内にいる犯人をあぶり出すという構成は他にも例があると思うのですが、そこにTRPGという素材を持ち込んだアイデアは、なかなかそそるものがあり...

焦茶色のパステル/岡嶋二人

第28回江戸川乱歩賞受賞作。20年ぶりくらいの再読。黄金流砂・焦茶色のパステル―江戸川乱歩賞全集〈14〉中津 文彦 岡嶋 二人 日本推理作家協会 講談社 2002-09売り上げランキング : 296840Amazonで詳しく見る by G-Tools実は初読当時、めちゃくちゃ楽しめたことには間違いないにしても、さほど競馬に明るくはなかったので四冠馬がどうとか、血統がどうとか、今ひとつピンときませんでした。でも、その数年後より、かなり競馬にの...

悪党パーカー/人狩り/リチャード・スターク

ウエストレイクがスターク名義で書いた悪党パーカーシリーズの第1作。本名で書くコメディタッチの作品群にはなんの興味もないんだけど、このシリーズは趣味です。クライムアクションというよりはノワール、ピカレスクヒーローというよりはもっと強くアンチヒーローといったほうが相応しいでしょう。悪党パーカー/人狩りリチャード・スターク 早川書房 2000売り上げランキング : 156819おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Too...

まほろ駅前多田便利軒/三浦しをん

東京郊外のまほろ市を舞台にしたプチ「IWGP」に、BLテイストをまぶした第135回直木賞受賞作。近年は景気よくミステリを受け容れている直木賞、"萌え"にも寛容なところを見せたということでしょう。まほろ市のモデルは、著者のホームタウンでもある町田ということです。まほろ駅前多田便利軒三浦 しをん 文藝春秋 2006-03売り上げランキング : 886おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Toolsどこかで見たような設定、どこかで見...

秘録 必殺シリーズの舞台裏/仲川利久

必殺シリーズを、第1作「仕掛人」から「仕事人III」まで担当した朝日放送のプロデューサー・仲川和久が語る制作裏話。秘録 必殺シリーズの舞台裏―カルト時代劇に賭けた男たち仲川 利久 山田 誠二 洋泉社 1999-03売り上げランキング : 742229おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Toolsタイトルに偽りなし。必殺シリーズができあがる舞台裏を、シリーズを生み育てた担当プロデューサーが回想、解説。TVドラマ(というか映画)が...

蟲師 (1-7)/漆原友紀

気にはなっていたんだけど、ずっとスルーしてきた『蟲師』を、このたび7巻まで一気読了。蟲師 (7) アフタヌーンKC (404)漆原 友紀 講談社 2006-02-23売り上げランキング : 2351おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools想像していたとおり、好みに合う話だった。エピソードの出来も安定していて、シリーズものとしての安心感もあり、これは8巻以降も読んでいきたいと思いました。ただ、絵がちょっとヘタ(アニメは良かった...

フリマ報告

既報のとおり、「茶房 高円寺書林」のフリマに参加してきました。    ●黒猫の隠れ処 :フリマに参加します昼に搬入を終え、現場は店主shioさんに任せて一時帰宅したんですが、その頃から雨が落ち始め、都内にいた皆さんにはご承知でしょう、2時頃にはあの雷雨です。あれで終わった感じでしたね。もともと人通りの多い場所ではないし。他の出品者のなかには、早々に見切って撤収した組もありました。品揃えや価格設定も大事だ...

クロスゲーム(1-4)/あだち充

『虹色とうがらし』以来のあだち充。友人に借りたんだけど(半ば押しつけられるようにして)、面白かった。一気読み。この先も追っかけていきたい。それくらいツボにきた。クロスゲーム (4)あだち 充 小学館 2006-06-16売り上げランキング : 2253Amazonで詳しく見る by G-Toolsあだち充は、中学生の頃に耳鼻科で『ナイン』を読んでガツーンときて、その後もたぶん時系列に沿って『陽あたり良好』『タッチ』『みゆき』『H2』『ラ...

フリマに参加します

「古本・黒猫亭」は、今週土曜に「茶房 高円寺書林」で開催されるフリマに参加します。 場所:茶房 高円寺書林      東京都杉並区高円寺北3-34-2     tel) 03-6768-2412 日時:8/12(土) 12:00~18:00「茶房 高円寺書林」は、本好きさんにはお馴染み「高円寺文庫センター」の系列のブックカフェです。古書市というわけではないので、当日は本以外の出品もあるかと思います。うちはもちろん、古本を出品しますけど。お...

オワスレモノ/加門七海

実話系の印象がある著者による創作現代怪談集。オワスレモノ加門 七海 光文社 2006-03-14売り上げランキング : 84139Amazonで詳しく見る by G-Toolsひとこと、つまらなかった。たいしたボリュームでもないのに、読むのが辛かった。収録作全八編中、面白いと感じた作品皆無。もしかしたら、こうしたテイストのものを好む人もいるのかもしれないけど、ぼくはダメです。 (06/7/31読了)評価:☆☆★...

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。