Entries

スポンサーサイト

消えた玩具屋/エドマンド・クリスピン

消えた玩具屋エドマンド・クリスピン早川書房 1993-11売り上げランキング : 577,819Amazonで詳しく見る by G-Tools一晩たったら、そこにあるはずの玩具屋が消えているというのは、実に素敵な謎ではあるけれど、解決が平凡だし、途中からはその謎だけでは支えきれなくなっている。最後は結局、ドタバタになってしまい興醒め。中途半端な印象。 (96/9/13読了)評者 b.k.ノムラ評価 ☆☆☆★...

そして誰もいなくなった/アガサ・クリスティ

そして誰もいなくなったアガサ クリスティー Agatha Christie 清水 俊二早川書房 2003-10売り上げランキング : 5,480Amazonで詳しく見る by G-Toolsポワロもマープルも登場しないノンシリーズの一作ながら、クリスティの著作中のベストに推す声が多い彼女の代表作中の代表作。ムダがなさすぎという意見もあろうが、このプロットだと不純物はできるだけ排したほうがおそらく効果的。同系統の作品は多いが、エポックメイキングであ...

第四解剖室/スティーブン・キング

第四解剖室スティーヴン キング Stephen King 白石 朗新潮社 2004-05売り上げランキング : 67,115おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools「幸福の25セント硬貨」と合わせて上下を為す短編集の一方。巻頭の表題作「第四解剖室」から「ジャック・ハミルトンの死」まで、過剰なまでに饒舌な語りに辟易どおし。どうしようかと思った。適度な贅肉はときに色気ともなり、作品の装いとして必要な場合があるが、ここまでくると息苦...

幸運の25セント硬貨/スティーヴン・キング

幸運の25セント硬貨スティーヴン キング Stephen King 浅倉 久志新潮社 2004-05売り上げランキング : 66,789おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools「第四解剖室」と合わせて上下を為す短編集の一方。「一四〇八号室」はまあまあ良かったのだが、「L・Tのペットに関する御高説」「例のあの感覚、フランス語でしか言えないあの感覚」なんかは読むのが大変だった。特に後者は苦行でしかなく、へたしたら活字嫌いになっていた...

我らが影の声/ジョナサン・キャロル

我らが影の声ジョナサン・キャロル 浅羽 莢子東京創元社 1991-11売り上げランキング : 312,966おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Toolsあらすじには「キャロルの作品中、最も恐ろしい結末」とあるし、サプライズ・エンディングが売りの作品のようであるから、楽しみに最後まで読んだのだが、茫然となるくらい腰砕けの結末だった。これくらいだったら普通に発想できるでし、それに怖くないよ、ちっとも。それでも三部構成の第...

魔術師が多すぎる/ランドル・ギャレット

魔術師が多すぎるランドル・ギャレット 皆藤 幸蔵早川書房 1977-07売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Toolsどことなくミステリ色の感じられるSF、と思われる向きもあるかもしれないが、SFミステリの看板に偽りはなく、密室トリックを中心に据えたきちんとしたパズラーに仕上がっている。ダーシー卿のキャラもこのジャンルのファンには好ましいタイプといえる。10数年前の初読時は途中で放り出したが、今度は読み終え...

事件当夜は雨/ヒラリー・ウォー

事件当夜は雨ヒラリー ウォー Hillary Waugh 吉田 誠一東京創元社 2000-05売り上げランキング : 177,152おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools警察小説だそうだが、集団のドラマという感覚は希薄だった。刑事たちは、主人公の署長の手足に過ぎない。最後のドンデン返しはやや唐突だが、これがあることで作品評価が上がっているだろうことも確か。 (97/2/23読了)評者 b.k.ノムラ評価 ☆☆☆★...

憐れみはあとで/D・E・ウェストレイク

ハヤカワ・ミステリ文庫精神病院を逃げ出した一人の男が、逃走中に出会った男になりすまし、ある地方の夏期劇場にまぎれこむってのが発端なんだけど、要するに、劇団関係者の誰がその男なんだか解らないってあたりがサスペンスの中心になっている。本格ずれしているせいか、話を複雑に考えすぎてしまった。けっきょく正体は予想外だったんだけど、そういう謎解きものではもちろんないわけで。 (96/6/7読了)評者 b.k.ノムラ評価 ...

僧正殺人事件/S・S・ヴァン・ダイン

僧正殺人事件ヴァン・ダイン東京創元社 2000売り上げランキング : 29,664おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Toolsファイロ・ヴァンスが活躍するシリーズの第4作。童謡殺人もの数ある中で、最高峰に位置する作品とぼくは確信してます。 (02/12/17読了・再読)久しぶりの再読。今回もまた面白く読めた!(07/5/25読了・再読)評価 ☆☆☆☆★...

アスタの日記(上下)/バーバラ・ヴァイン

アスタの日記〈上〉バーバラ ヴァイン Barbara Vine 榊 優子扶桑社 1997-02売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools上巻だけで投げ出す人は多いだろう。物語が動き出すのは上巻の終わりからで、本当に面白くなるのは下巻の真ん中あたりから。実際、下巻だけでも話は成立すると思う。といって上巻がないでは面白みに欠ける。困ったものだ。ヴァイン(レンデル)にはいつものことだが、序盤のノリの悪さはほとんど罪。こ...

index 海外 ラ行

ジョン・リドリーネヴァダの犬たち   アーシュラ・K. ル=グウィン影との戦い(ゲド戦記I)  こわれた腕輪(ゲド戦記II)  さいはての島へ(ゲド戦記III)帰還(ゲド戦記IV)ミッシェル・ルブラン殺人四重奏ロバート・ローテンバーグ完全なる沈黙...

index 海外 ワ行

※準備中...

index 海外 ヤ行

※準備中...

index 海外 ハ行

ロバート・A・ハインライン夏への扉(新訳版)トマス・ハリス羊たちの沈黙  ハンニバル(上下)エドナ・ブキャナンマイアミ・トラップ   ダン・ブラウンダ・ヴィンチ・コード(上下)  ボアロー&ナルスジャック悪魔のような女   J・P・ホーガン星を継ぐもの  ガニメデの優しい巨人  巨人たちの星...

index 海外 ナ行

※準備中...

index 海外 タ行

フレデリック・ダール甦える旋律  生きていたおまえ…W.L.デアンドリアホッグ連続殺人ジェフリー・ディーヴァーボーン・コレクター  コフィン・ダンサー  エンプティー・チェア  石の猿  魔術師12番目のカード  ウォッチ・メイカー  ソウル・コレクター悪魔の涙  スリーピング・ドールD・M ディヴァイン五番目のコードフィリップ・K・ディックシミュラクラ...

index 海外 サ行

ジョルジュ・シムノンサン・フィアクルの殺人M.シューヴァル&P.ヴァールーロゼアンナベルンハルト・シュリンク朗読者リチャード・スターク悪党パーカー/人狩り, 弔いの像, 襲撃, 死者の遺産S・A・ステーマンウェンズ氏の切り札R.J.ソウヤーイリーガル・エイリアン...

index 海外 ア行

アイザック・アシモフ鋼鉄都市  はだかの太陽  ミラー・イメージ  夜明けのロボットロボットと帝国  黒後家蜘蛛の会 1,2,3,4,5ジェームズ・アンダースン血のついたエッグ・コージィ  切り裂かれたミンクコート事件マイケル・イネスアップルビィ警部の事件簿バーバラ・ヴァインアスタの日記(上下)S.S.ヴァン・ダイン僧正殺人事件F・ポール・ウィルスン黒い風(上下)コーネル・ウールリッチタイムズ・スクェアドナルド・E・ウ...

脳病院へまゐります。/若合春侑

脳病院へまゐります。若合 春侑文芸春秋 2003-07売り上げランキング : 203,943おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools第119回芥川賞候補に挙がった表題作と、続けて第120回同賞候補になった『カタカナ三十九字の遺書』を収録している。文章のテンポが良く、私的にリズムも合うので比較的楽しく読むことができた。思うに、筋立てや細部の描き方に狙い過ぎの感が漂い、そのあたりが嫌われて賞には漏れてしまったのだろう(あ...

さよなら妖精/米澤穂信

さよなら妖精米澤 穂信東京創元社 2004-02売り上げランキング : 7,513おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Toolsプロローグを読んだ時点では、SF的味付けのファンタジーかと思ったが、まったくそんなことはなかった。端的にいうなら、ユーゴの少女と日本の高校生たちの交流を描いたボーイ・ミーツ・ガールもの。キャラを描き分けようとしているのは理解できるし、意欲も買うが、果たせていない。ただ、ユーゴの少女だけが、行...

臨場/横山秀夫

臨場横山 秀夫光文社 2004-04-14売り上げランキング : 35,063おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools「終身検視官」の異名を持つ、L県警の捜査一課検視官・倉石を主人公に据えた短編連作。相変わらずうまいところをついてくる。横山作品の中で特に秀でているというわけではないが、収録作は、一般的にはいずれも佳作といっていい出来なので、読後に満足感は得られる。とはいえ、そろそろ警察ものや事件ものとは異なる、別...

深追い/横山秀夫

深追い横山 秀夫実業之日本社 2005-02売り上げランキング : 5,024おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools三ツ鐘署という所轄署が舞台の連作短編集。今回もこの著者らしく、刑事以外の、次長であるとか、会計職員であるとかいった周辺の人々が主人公になっていて、相応に事件のほうも身近なものになっている。人情もののテイストが強い。 (03/4/10読了)評者 b.k.ノムラ評価 ☆☆☆★...

半落ち/横山秀夫

半落ち横山 秀夫講談社 2002-09売り上げランキング : 24,765おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Toolsこの著者の3作目にして初長編。デビューから3冊出して外れなしは、かなり凄いことではないか。エンタテイメントシーンの端から端まで把握しているわけではないので、私見も私見だが、久々の大物登場を実感している。今回も警察小説だが、全6章の各章に主人公がおり、刑事、検察官、新聞記者…と、それぞれが異なる場所か...

動機/横山秀夫

動機横山 秀夫文芸春秋 2002-11売り上げランキング : 8,770おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools昨年の「このミス」2位。1位の『奇術探偵 曾我佳城全集』(泡坂妻夫)がご祝儀半分であることを考えれば、これが実質1位と思われる。また、表題作は日本推理作家協会賞を受賞した。とにかく「巧い」としか言いようがない。これがまだ2作目なのに、すっかりベテランの風格。次は長編が読みたい。 (01/8/15読了)評者 b.k...

第三の時効/横山秀夫

第三の時効横山 秀夫集英社 2003-02売り上げランキング : 15,368おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-ToolsF県警捜査第一課の捜査活動を描く警察小説。県下最強といわれる強行犯係一班班長朽木、公安あがりで冷徹な二班班長楠見、天才と称される直観型の三班班長村瀬、三人の優秀な部下に振り回される一課長の田畑らを、それぞれの視点から描く連作短編集。読後、昨年のエンターテイメント系小説の中ではナンバー1の評価を受...

クライマーズ・ハイ/横山秀夫

クライマーズ・ハイ横山 秀夫文藝春秋 2003-08-21売り上げランキング : 17,656おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools「文春ミステリーベスト10」1位、「このミステリーがすごい!」7位の、03年を代表する話題作。85年の日航機墜落事故に際し、地方紙記者として取材に参加した著者本人の体験を元にしているらしい。人間というものは、どんな場合でも、自分の身の丈にあった行動しかしないものだ。こんなマスコミ、こんな...

看守眼/横山秀夫

看守眼横山 秀夫新潮社 2004-01-16売り上げランキング : 49,838おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools短編集。各編の主人公の職業を列挙すると、看守、フリーライター、家事調停委員、警務部情報管理課課長補佐、地方紙の整理記者、知事公室秘書課長。いずれの作品も、横山秀夫らしい創意と驚きに満ちている。表題作は月曜ミステリー劇場の二渡シリーズの一作として、既に映像化もされている。今回は、人が悪いなあ、と感...

影踏み/横山秀夫

影踏み横山 秀夫祥伝社 2003-11売り上げランキング : 120,183おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools長編のようで短編連作。主人公はノビ師。夜、住人が寝静まっている時間に忍び込む泥棒。素材的に意外な線だが、これもプロフェッショナルには違いない。このノビ師の主人公、以前、弟を亡くしていて、この弟の魂(なのか?)と頭の中で話し合いながら日常を生きているという特異な設定。それでもリアリティを壊さずに世界...

陰の季節/横山秀夫

陰の季節横山 秀夫文芸春秋 2001-10売り上げランキング : 6,641おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools第5回松本清張賞を受賞した表題作ほかを収めた短編集。D県警という匿名の県警を舞台に、警察の内幕が、浮ついたところのない堅実な筆致でつづられる。清張賞で警察小説というと、手に取る前から硬質なイメージがつきまとうが、ひとたび読めば、各編、最後まで息をつかせないスリリングな展開に興奮必至。先入観を排し...

顔/横山秀夫

顔横山 秀夫徳間書店 2005-04売り上げランキング : 5,733おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Toolsミスの責任を負い、広報室に異動になった元鑑識課の女性似顔絵捜査官が主人公。男社会で奮闘する女性を丁寧に描いてはいるが、プロットは他の横山作品に比べると地味で、いきおい評点も下げざるを得ない。4月から仲間由紀恵主演で連続ドラマ化される。こちらはあまり期待できそうにない。 (03/3/17読了)評者 b.k.ノムラ評...

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。