Entries

スポンサーサイト

間違いの悲劇/エラリー・クイーン

間違いの悲劇 (創元推理文庫)飯城 勇三 東京創元社 2006-01-20売り上げランキング : 326593おすすめ平均 エラリー・クイーン “最後の聖典” !エラリー・クイーン最後の事件Amazonで詳しく見る by G-Tools※このままだと回復不能になりそうなので、渋滞分をハコだけアップすることにしました。中身は少しずつ埋めていきます。新しく読み終えた分は、なるたけリアルタイムで中身をアップしていきます。読了:09/10/27採点:☆☆☆★...

犯罪王モリアーティの復習(上下)/ジョン・ガードナー

※このままだと回復不能になりそうなので、渋滞分をハコだけアップすることにしました。中身は少しずつ埋めていきます。新しく読み終えた分は、なるたけリアルタイムで中身をアップしていきます。読了:09/4/17採点:☆☆☆...

犯罪王モリアーティの生還(上下)/ジョン・ガードナー

※このままだと回復不能になりそうなので、渋滞分をハコだけアップすることにしました。中身は少しずつ埋めていきます。新しく読み終えた分は、なるたけリアルタイムで中身をアップしていきます。読了:09/2/17採点:☆☆☆★...

警察署長(上下)/スチュアート・ウッズ

1982年度アメリカ探偵作家クラブ最優秀新人賞受賞作。佐々木譲は本作にインスパイアされて『警官の血』を書いたらしい。警察署長〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)真野 明裕 早川書房 1987-03売り上げランキング : 199853おすすめ平均 まさに“アメリカ”を描いた、壮大な人間ドラマ読むべきです!いっきに読み終えましたAmazonで詳しく見る by G-Toolsアメリカ南部、ジョージア州にある小さな町デラノを舞台にした大河警察小説。1919年から...

愛国殺人/アガサ・クリスティ

名探偵ポワロ・シリーズ。クリスティ作品としては異質のタイトルのような気が。内容を考えるとこれでもいいんだけど、なんかしっくりこない。といって、マザーグースから引用の原題(One, Two, Buckle My Shoe)そのままじゃあ、なんのことやら解りませんね。愛国殺人 (ハヤカワ文庫 AC)アガサ・クリスティー 加島 祥造 早川書房 2004-06-14売り上げランキング : 197616おすすめ平均 時代背景まで暗喩に組み込んだ傑作これがベス...

黒い風(上下)/F・ポール・ウィルスン

ホラー作家として知られるウィルスンの、伝奇大河ロマン。「黒い風」という謎の超兵器(!?)の存在がなければ、歴史大河小説と銘打ってもいいほど、重厚な骨格を備えています。そして、外国人が日本を描いた小説としては、かなりのレベルといっていいんじゃないかな。知る限り(あんまり知らないので分母は小さいけど)、その種の最高峰。「このミス'94年版」では海外編16位にランクイン。黒い風〈上〉F.ポール ウィルスン F.Paul Wils...

エンド・ハウスの怪事件/アガサ・クリスティ

名探偵ポワロ・シリーズ。早川では『邪悪の家』、新潮では『エンド・ハウス殺人事件』のタイトルで刊行されています。エンド・ハウスの怪事件 (創元推理文庫)アガサ クリスティ Agatha Christie 厚木 淳 東京創元社 2004-01売り上げランキング : 453982Amazonで詳しく見る by G-Tools●内容(「BOOK」データベースより)風光明媚な海浜にあるエンド・ハウスの当主である若く美しい娘ニック・バックリーは、再三奇妙な事故に遭遇し...

シャム双生児の秘密/エラリイ・クイーン

国名シリーズ第7作。おなじみの<読者への挑戦>がない、シリーズ中の異色作です。再読率の高いクイーンですが、本作に限ってはたぶん、読むのは二度目。シャム双生児の秘密 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ク 3-17)エラリイ・クイーン 青田 勝 早川書房 1978-06売り上げランキング : 441798おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools山火事で退路を断たれ、命からがら逃げこんだ山頂の屋敷が舞台で、閉じこめられたクイーン親子が...

Zの悲劇/エラリー・クイーン

いわゆるレーンものの第3作。元は国名シリーズとしてプロットが立てられたらしい(いうことは「最後の事件」が本来は「Z」だった!?)。ペーシェンスのお披露目にもう少し枚数が必要と考えられたのか、あるいは大人の事情があったのか……。いずれにしても、本作が「Z」を襲名したのは、このシリーズにとって、もちろん読者にとっても不幸だったと思います。Zの悲劇エラリー・クイーン 鮎川 信夫 東京創元社 1983-04売り上げラン...

恐怖の研究/エラリイ・クイーン

再読です。切り裂きジャックものではありますけど、クイーンとホームズの(間接的)共演といった部分のほうがセールスポイントとしては上位ですね。恐怖の研究エラリイ・クイーン 大庭 忠男 早川書房 1976-11売り上げランキング : 495199おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Toolsホームズが登場するのは、ワトスン博士の未公開記録の部分。なので、作中作にパスティーシュを置いたパロディ、の体裁ですね。謎解きはそれほどサプ...

Appendix

プロフィール

b.k.ノムラ

  • Author:b.k.ノムラ
  • 細々とライターやってます。そのかたわら、オンライン古書店・黒猫亭の番頭もやってます。
    ここのほかに、なんでもありのブログされど偽りの日々も運営中。

フリーエリア

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。